国の特定疾患に入る難病「脊髄性進行性筋萎縮症」を持つ車椅子ママの「ワタシ」と、出生数30週2日という極低出生体重児で産まれながら、超健康に育つワタシの宝物「♪るーるる♪」との日常を綴ります。

たくさんのママ達と共感し、未来の車椅子ママ達の参考(?!)になれたら幸いです☆(*˘︶˘*).。.:*♡
我が家の紹介。
パパ=♪るーパパ♪、ママ=ワタシ、長男犬=オンくん、長女=♪るーるる♪、次女猫=クミコ、♪るーるる♪の叔父=TKと賑やかな家族です。

2歳になり足腰がしっかりしてきて、長い距離を歩けるようになったころの話しです。
外出するとあっち!こっち!と行きたい方向を主張するようになりました。
大抵ワタシの用がある方向とは逆方向を言うので、♪るーるる♪の主張をきくことはありませんでした。
きいても良かったのですが、ワタシはヘルパーを利用して生活しているので時間に余裕がないというのと、ヘルパーに対しても気を使ってしまうワタシは子どものワガママに付き合わせてしまうのは悪いときくことはできなかったのです。
ある日♪るーパパ♪も休みということで、オンくんの散歩も兼ねて、とことん♪るーるる♪の主張を聞いてみようということになり散歩に出掛けました。
家を中心に1キロ以内を行ったり来たりして、今までの我慢を開放するようにニコニコとってもご機嫌に歩いていました☆
%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6-maa01

どこまでも永遠と歩くので段々とみんな疲れが出始め、犬のオンくんでさえ「あの〜、散歩嬉しいんですけど限度ってものが。。。」な表情になってきていました(笑)
そんな空気をある意味察していたのか、家とは全く真逆の方向に歩いていく♪るーるる♪(・・;)
%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6-maa02どうにか、帰路につこうと
「こっち行こう!」
と言うと、今までしたことのない萌え〜!な仕草をしたのです♡
%e5%ad%90%e8%82%b2%e3%81%a6-maa03

illustration by|えりこ

どこでそんな仕草を覚えたのか、お尻をサ◯エさんのマ◯オさん並に突き出し、腕に力を入れ顔だけ振り向いて
「まあ!」
と言って、口をとがらせたのです!
可愛さのあまり爆笑で、時々その仕草見たさに「こっち行こう!」とわざと言いながら(笑)、散歩に付き合うのでした☆

そこからは落ち着いたのか、今思い返すとあっち!こっち!攻撃は自然となくなっていました。
ちょうど1年前なのですが、とってもとっても遠い日のように感じます。
今は洋服の「あれ着る!これ着る!」「これイヤ!あれイヤ!」がはじまって、忙しい日の朝はワタシと♪るーるる♪どっちの主張が強いか知恵比べ中です☆