このご時世、ついに障害福祉分野の学びもオンラインに。障害者支援施設で働く人のための研修、教育をインターネットで受けることが可能になりました。「サポーターズカレッジ、略称(サポカレ)」と呼ばれるオンライン教育サービスです。

「サポーターズ・カレッジ(サポカレ)」は、障がい者支援施設で働く新人~施設長・経営層までのすべての職員を対象とした日本初のオンライン教育です。毎週配信される「15分で学べる『Web講義』」と、業界初、インターネット会議システムでつながりを通じて多様な法人、施設の職員が学び合う『Liveゼミ』を中心に、障がい者支援施設における計画的な人材育成、そして全国の障がい者支援施設で働く人たちの「働きがい」×「支援力」の向上を目指します。

今月7月から開始したばかりのこのサービス、福祉事業経営の支援事業はもちろんのこと、新たな支援サービスとして職員同士が学び合い支え合えるというところが特徴。月額1万2500円で何名の方でも受講し放題というシステムも、法人の大きさを問わないため人気が出そうな予感です。いつでも好きな時間にスマホやパソコンで経験豊富な講師の方の講義を受けられるという画期的システム。

サポカレ

画像引用:サポーターズカレッジ

毎週配信される「15分で学べる『Web講義』」と、業界初、インターネット会議システムでつながりを通じて多様な法人、施設の職員が学び合う『Liveゼミ』を中心に、障がい者支援施設における計画的な人材育成、そして全国の障がい者支援施設で働く人たちの「働きがい」×「支援力」の向上を目指します。

初心者や新人はもちろん、若手・中堅スタッフ・管理職クラス・サビ管までキャリアに応じたWeb講義とLiveゼミを提供し、正規・非正規問わず事業所で働く方なら誰でも受講できるとのこと。

「怒りやストレスのコントロール術」とあるように、様々なテーマの内容を学ぶ事ができそうですね。

オンライン受講といえばCMでもおなじみKUMON(くもん)の通信コースなどがありますが、これからの時代、ソーシャルメディアの普及も相まって、ますます在宅や外出先で受講できるサービスが増えてきそうです!

日本初!いよいよ障がい者支援をする人のためのオンライン教育が開始!障がい者支援施設向けオンライン教育「サポータ…特定非営利活動法人NPO人材開発機構のプレスリリース(2016年7月11日 10時)。「サポーターズ・カレッジ(サポカレ)」は、障がい者支援施設で働く新人~施設長・経営層までのすべての職員を対象とした日本初のオンライン教…www.value-press.com

via:value press

サポーターズ・カレッジ(サポカレ) – 障がい者支援施設で働く人のための学び合いと支え合いのオンラインコミュニ…live-learning.jp

via:サポーターズカレッジ