自分に何が向いているか、向いてないか、もしくは出来ないのか、ただしていないだけなのか、が知れたらいいのになぁ、と思う一方で、私みたいな面倒くさがりがそれを知ったところで何も変わらないだろう、と一人でブツブツ考えています。それが分かる人は、色々と試して、失敗したり成功したりして、それを知るのでしょうね。

01

わあ、ひどい。 人の嫉妬心が一番怖い。

02

03

思い切ってバッサリといったが吉。  髪が長いと、なかなか短くする勇気が出ないものですしね。 素敵なショートヘアになって、もう一人は才能が開花しちゃって、とってもハッピーな展開に。

04

その人が特別な何かを持っているか、何も持っていないか、それは誰にも知ることのできないことである。が、目覚めなければならない何かは必ずどこかで目覚めるものなのである!!!

…なんのこっちゃ。 念のために書いておきますが、これは漫画の中のお話であって、いじめを助長しているわけではないです。