最近気になっているCMがあって調べてみた。
それは「ころばないバイク」だと言う。
それも日本の有名な会社「YAMAHA」が開発した物だ。
CMでは、バイクだけではなく、ベビーカーや車椅子が段差を難なく上がっていく様子が映りだされている。
興味を持った私は調べてみた。

ヤマハが売り出したLMWとは?

LMWとはリーニング・マルチ・ホイールの略。
LMW=Leaning Multi Whellとは、ヤマハが「ころばないバイク」を目指し、開発したテクノロジー。
リーン(傾く)する3輪以上の乗り物の事。
ヤマハが40年かけて開発した夢みたいなバイク。
2輪車はバランスを保ちながら乗る乗り物で、まっすぐ進む時は身体を垂直に、曲がる時は少し身体や車体を傾けるのだが、リーンとはこの傾きの事なのだ。
そしてついに、最初のモデルから約40年の時を経て発売されたLMW第1弾が「トリシティ125」である。

LMWの魅力

フロントタイヤが二輪なので低速時でも、まず安定感がある。
発進する時や横風に吹かれた時などの安定感がいいらしい。
しかもブレーキはコンビブレーキで前後輪、バランスよく効いてくれる為、いざというときに安心。
ABS付きモデルなら更に安心感が高まる。
モーターサイクル初心者や女の子にとってもピッタリ。
あの元AKBの大島優子さんも小型2輪免許を取り、トリシティ125でモーターサイクルライフを楽しんでいるそう。
トリシティシリーズは2種類あり、まず最初に発売されたのが、トリシティ125
UBS※(ユニファイドブレーキシステム)を搭載。
TRICITY 125 ABSには、UBS(ユニファイドブレーキシステム)に加え、ABS(アンチロックブレーキシステム)を搭載。
価格はメーカー小売希望価格 ABSで40万弱
ABS無しだと、36万円弱
そして第二弾で発売された高速道路も走れるトリシティ155
高効率燃焼・高い冷却性・ロス低減にフォーカスした、水冷4ストローク・SOHC・155cm3単気筒・4バルブ・FIのCVT新エンジンを搭載。
価格は45万円
他にも色々な魅力ある装備がなされている。
どのトリシティでも言えるのが小回りがきき、段差の衝撃も緩和してくれると言うことだ。

トリシティに乗る為に必要な免許は?

トリシティ原付2種小型2輪免許(AT限定もOK)が必要。
自動車免許を持っていると比較的スムース。
原付2種は50ccまでの原付1種と違い、2段階右折不要!
制限速度も60km/h!
なので、通勤通学にピッタリ。

このLMWとはが色んな物に取り組められたらと思うとワクワクする。
これから車椅子やベビーカーにも取り入れられたらどんなに楽か。
バイクに詳しくない私でも乗ってみたいと思った。

めざせ、ころばないバイク。LMWテクノロジー – バイク・スクーター・ LMW | ヤマハ発動機株式会社めざせ、ころばないバイク。略して「めざころ」。そんな想いからはじまったのが、LMWテクノロジー。バイクの醍醐味をひとりでも多くの人に感じてもらうことをめざしている技術です。www.yamaha-motor.co.jp

via:YAMAHA

異次元の動き。リーン!する3輪バイク「LMW」を生んだ、ヤマハ40年の夢|ギズモード・ジャパンSponsored by ヤマハ発動機「リーン!」ってなに?子どもの頃、はじめて自転車に乗れたときの感動を覚えているでしょうか? 練習しはじめはすぐに倒れるんじゃないかと怖かったことでしょう。しかし一度一人で2輪が乗れた…www.gizmodo.jp

via:GIZMODO