今や大人気のプロレス団体、新日本プロレス。アントニオ猪木さんが旗揚げしてから長州力、藤波辰爾、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、佐々木健介など数々の名レスラーが誕生しました。そして2017年、大活躍している新日本プロレスのレスラーたちを僕なりに紹介してみたいと思います!

現IWGPヘビー級チャンピオン、金の雨を降らす男・オカダカズチカ

今、新日本プロレスの1番強い男が巻くベルト、IWGPチャンピオンのオカダカズチカ。年齢は29歳で身長191センチという高身長という恵まれた体格と顔がイケメンであり数々のプ女子のファンを集めています。

オカダカズチカ選手の得意技といえば、フィニッシュホールドである「レインメーカー」や、「ドロップキック」「レッドインク」といった技が有名。その中でもドロップキックの高さはえげつないぐらい高く、相手レスラーの顔面まで届くほどのジャンプ力は凄すぎ!!

特にマイクパフォーマンスでの「プロレスにカネの雨が降るぞ!!」は名ゼリフの1つですね!!

100年に1人の逸材・棚橋弘至

みなさ~ん!愛してまーす!」のマイクパフォーマンスでおなじみ、「100年に1人の逸材」と呼ばれた男・棚橋弘至選手。

仮面ライダーが大好きで、プロレスでも決めポーズに仮面ライダーのポーズを使っているほどライダー好きです。しかもその仮面ライダーに出演したことも!

そんな棚橋弘至選手の得意技といえば「スリングブレイド」「ドラゴンスクリュー」、フィニッシュホールドはトップロープに登って相手にダイブする「ハイフライフロー」です!

そんな棚橋弘至選手もバラエティ番組にもひっぱりだこであり、立命館大学卒でインテリプロレスラーとして「ミラクル9」といったクイズ番組にも多数出演しています。

昨年のG1CLIMAX26優勝、BULLET CLUB(バレットクラブ)・ケニー・オメガ

新日本プロレスの外国人レスラーで今人気爆発中のレスラーがこのケニー・オメガ。最初はジュニアヘビー級として新日本プロレスで活躍していましたが、現在はBULLET CLUBのリーダーとして大活躍!

必殺技でもある相手を肩車のように乗せて頭を抱えて落とす技「片翼の天使(かたよくのてんし)」は迫力抜群!!これで何人ものレスラーを倒していきました。

実はケニー・オメガ選手はマイクパフォーマンスは全て英語で話すため、観客の皆さんがほぼ何を言っているか分からない状態も多いのですが、去年のG1CLIMAX26で優勝した時のマイクパフォーマンスで日本語を解禁したのです!!

下の動画がケニー・オメガ選手のマイクパフォーマンスです。最初は英語で話してますが、5分15秒あたりで日本語を話だします。

「(日本語を話せることに)ビックリしただろ!俺は日本語を話したくなかった。俺はヒール(悪役)だからな!」

と会場は大歓声に包まれました!僕もケニーが日本語ペラペラなのにはビックリしました(笑)

今年のG1CLIMAX27優勝者・内藤哲也

今や人気沸騰中のレスラーと言われているのが内藤哲也。2015年にメキシコ遠征に行き、「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン 」という所属ユニットを作り、新日本プロレスを盛り上げてくれています。

最初は観客からブーイングの嵐だった内藤選手。レフェリーを蹴り飛ばしたり、カメラマンも蹴り飛ばしたりと無茶苦茶でしたが、徐々に観客から支持を集め始めてきます。マイクパフォーマンスも人気ですね!

今年のG1CLIMAX27で見事優勝を決めた内藤選手は今年は新日本プロレスで大注目を浴びそうです。G1を優勝したことで、IWGPベルトに挑戦できる権利が与えられ、2018年1月4日の東京ドーム大会で初のメインイベントを務めると予想されます。得意技は「スターダストプレス」や「グロリア」、フィニッシュ技は「デスティーノ」。

Numberプロレス総選挙2017で人気投票1位になったのがこの内藤哲也選手。現在35歳とこれからの活躍に期待したい選手ですね!

このように簡単に新日本プロレスで注目のレスラーたちを取り上げてみました。プロレスに興味のない方にも1度テレビでもいいから観ていただいて、「カッコいいなぁ」と思ったらぜひ生で、会場に足を運んで観てください!!テレビと生では迫力が全然違います。「どんどんプロレス人気が増えてほしい!」「ゴールデンタイムで放送してほしい!」と願っています。

オカダ・カズチカ778 …www.njpw.co.jp

via:新日本プロレス

棚橋 弘至016 …www.njpw.co.jp

via:新日本プロレス

ケニー・オメガ580 …www.njpw.co.jp

via:新日本プロレス

内藤 哲也164 …www.njpw.co.jp

via:新日本プロレス