サムスンデフリンピック大会6日目(24日)、日本選手団の主将を務める早瀬久美選手(昭和大学病院)がマウンテンバイク・女子クロスカントリーオリンピックで銅メダルを獲得しました。また、卓球女子ダブルスで亀澤理穂選手(花王)・川﨑瑞恵選手(大正大学)のペアが銅メダルを、水泳男子200m自由形で藤原慧選手(日本大学)が銀メダル、男子4×100mメドレーリレー(金持、茨、津田、藤原)銀メダル、混合4×100mメドレーリレー(金持、久保、藤川、茨)銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!水泳の藤原選手は現在メダル6個獲得しています。すごい!!!大会6日目を終え日本選手団のメダル獲得数は、金メダル2個、銀メダル5個、銅メダル8個の15個となりました。

競技結果 大会6日目

【マウンテンバイク】

〈クロスカントリーオリンピック〉

女子

早瀬久美 3位 銅メダル獲得!

男子

箭内秀平 6位

【陸上】

〈男子棒高跳決勝〉

竹花康太郎 4位

〈女子400mハードル決勝〉

小松彩香 5位

〈男子400mハードル決勝〉

高田裕士 8位

〈女子1500m決勝〉

岡田海緒 7位

〈男子1500m決勝〉

森光佑矢 7位

〈男子やり投予選〉

佐藤賢太 4位

佐藤將光 8位

〈女子100m準決勝〉

小松彩香 2組1位

〈男子100m準決勝〉

佐々木琢磨 2組4位

【バドミントン】

〈男子シングルス〉

太田歩 0-2 WITTE(ドイツ)

柿内康平 2-0 MOHSENPOUR(イラン)

柿内康平 2-0 ZAHID(パキスタン)

沼倉昌明 0-2 DING(中国)

〈女子シングルス〉

長原茉奈美 0-2 NEUDOLT(オーストリア)

〈男子ダブルス〉

柿内・沼倉 0-2 SEO・SHINペア(韓国)

〈女子ダブルス〉

吉田・品田ペア 2-0 YU・PARKペア(韓国)

〈混合ダブルス〉

沼倉・品田ペア 0-2 GULOMZODA・SHTAYGERペア(ロシア)

太田・長原ペア 2-0 GETOV・BOZEVAペア(ブルガリア)

【卓球】

〈女子ダブルス決勝トーナメント〉

亀澤・川﨑ペア 3位 銅メダル獲得!

1回戦 4-0 DORSZ・ZYLAペア(ポーランド)

準々決勝 4-3 KONDRATOVA・MARKOVICHペア(ロシア)

準決勝 0-4 LIN・WANG(中国) 惜しくも準決勝敗退

【ビーチバレー】

〈男子予選リーグ・敗者復活戦〉

竹村・天羽ペア 0-2 OKATAN・TEKINペア(トルコ)

【水泳】

〈混合4×100mメドレーリレー予選〉

日本(金持、久保、藤川、茨) 1組1位(全体2位)決勝進出

〈決勝〉

日本(金持、久保、藤川、茨) 3位 銅メダル獲得!

〈女子400m自由形予選〉

齋藤京香 2組4位 (全体7位) 決勝進出

〈決勝〉

齋藤京香 4位

〈男子200m自由形予選〉

藤原慧 5組2位 (全体2位) 決勝進出

〈決勝〉

藤原慧 2位 銀メダル獲得!!

〈男子1500m自由形予選〉

藤原慧 3組1位 (全体1位) 決勝進出

津田悠太 3組3位 (全体4位) 決勝進出

〈男子4×100mメドレーリレー予選〉

日本(金持、藤原、茨、星) 1組2位 (全体3位) 決勝進出

〈決勝〉

日本(金持、茨、津田、藤原) 2位 銀メダル獲得!!

【空手】

〈型・女子〉

1回戦

新垣愛花 1-4 MARCANO CABEZA(ベネズエラ)

敗者復活戦

新垣愛花 5-0 ISIK(トルコ)

敗者復活戦決勝戦

新垣愛花 1-4 MAZHARA(ウクライナ)

〈型・男子〉

1回戦( Round of 32)

宮下昭宣 1-4 KALNYK(ウクライナ)

1回戦(Round of 16)

北村亀太 5-0 MOUTSOKOS(ギリシャ)

ベスト8

北村亀太 0-5 PHANTIB(タイ)

敗者復活戦

北村亀太 0-5 DI GUIDO(イタリア)

〈組手・男子-60kg級〉

1回戦

稲葉考一 0-10 KOLYAN(ロシア)

敗者復活戦

稲葉考一 0-3 KAO(台湾)

マウンテンバイクと空手がはじまり、日本選手が参加する11競技全てで競技が開始されました。大会6日目も水泳陣の勢いはそのままに、藤原慧選手の6個を筆頭に、金持義和選手が5個、茨隆太郎選手が4個と複数のメダル獲得をしています。日本選手団の主将 早瀬久美選手の銅メダル獲得でチームJAPANになお勢いがつきそうな予感が…。目標のメダル25個まであと10個。サムスンデフリンピックは30日まで続きます。あと6日、たくさんの応援を全国から送りましょう。がんばれニッポン!!!

第23回夏季デフリンピック競技大会サムスン2017 日本選手団www.jfd.or.jp

via:全日本ろうあ連盟スポーツ委員会