title_214koma_21「にがごり」とはなにかわかりますか?

すっかり「ゴーヤ」という呼び方が全国的に定着したあれです。

どちらもおそらく方言ですが。

 

食べ物は、意外と食感が大事だったりします。あと、ごちゃごちゃといろいろなものをまぜた料理が苦手なひとも居ます。

 

そこで、「にがごりの醤油鰹節あえ」。シンプルです。(下準備は要りますが。)

(私事ですが、好物なのですが最近食べてませんが。)

 

何事もそうですが、「順番」は大事なことです。

お菓子作りは特に分量や順番が大事なジャンルですが、この「にがごりの醤油鰹節あえ」でも同じことです。

 

「最後にあえるとき」、その順番は「醤油→鰹節」の順が好ましいのです。

なぜかと言うと、鰹節が先に入っていると、鰹節が醤油をほとんど吸ってしまって「にがごりと醤油が馴染みにくく、その為醤油を入れ過ぎ易い」からです。

 

「そんなのどうでもいい」ということではないはずです。(塩分過多は避けたい。)

 

ちなみに、「にがごりの醤油鰹節あえ」は結局のところ「苦い」は「苦い」です。

それをお忘れなきように…。