プロ野球選手は成績はもちろん大事!そして体調管理も大事にしなければなりません。そんなプロ野球の世界で、選手たち、そして用具などを運んだりする裏方スタッフの方の移動も大変なことを皆さんご存知でしょうか??

連戦が続くと休息もほとんどない

プロ野球の日程はほとんどが月曜日は移動日となり、火曜日から日曜日まで6連戦というのが基本です。例えばジャイアンツのが火曜日から木曜日まで本拠地東京ドームで3連戦を行い、金曜日から日曜日がカープ戦が組まれていたら飛行機や新幹線で広島に移動し、マツダスタジアムでカープと3連戦という流れになりますね。

東京から広島まで1日で移動しすぐに試合をする、ものすごく過酷でハードスケジュールなのがプロ野球の世界なのです。

パ・リーグだとさらに移動範囲が広くなる

プロ野球を知っている方はご存知だと思いますが、パ・リーグだと北は北海道日本ハムファイターズ、南は福岡ソフトバンクホークスと広くなります。

セ・リーグは東京2チーム、横浜、名古屋、甲子園、広島とやや固まっている感じがします。少し離れているカープが移動距離が多いでしょうか??パ・リーグのチームの本拠地は北海道、宮城、千葉、埼玉、大阪、福岡と散らばっています。このように見てみるとパ・リーグの移動が大変そうにも感じます。

日程で9連戦ということもあるプロ野球。雨の日で試合がスライドしたりもするので、チームによって終盤戦あたりは9連戦や10連戦とかも…。ファイターズとホークスは北海道から福岡を1日で移動して試合をすることもあるのでハンパないですね。

移動後は選手それぞれ

長距離移動をしたら選手それぞれ。自宅が近い選手は帰る、成績がなかなか上がらない選手は休みを返上して練習をして汗を流す、体調を優先したい選手は休んでもいいし、専属トレーナーの方にストレッチなどをして体のコンディションを整えたりと様々です。

つまり移動でへこたれていたらプロ野球選手は務まらないのです。体力が一般の方よりも凄い!野球選手だけではないですが、スポーツ選手はそれだけ体を鍛えているのですね。

プロ野球シーズンが始まると休む日はほとんどない!本当にハードな世界なのです。