僕の中で今1番の人気大物お笑い芸人は「とんねるず」「ダウンタウン」「ウッチャンナンチャン」の3組だと思っています。この3組は滅多にテレビで共演をすることはありません。

ダウンタウンとウッチャンナンチャンは「夢で逢えたら」というお笑いコント番組で共演していたぐらい。この3組が1度に共演をしたのは「笑っていいとも」の最終回ぐらいです。この3組は芸人のセンスも凄いですが、歌でも活躍したぐらいです。

ダウンタウン浜ちゃんと小室哲哉のコラボバンド

ダウンタウンの人気歌番組だった「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」で浜ちゃんと小室哲哉さんがコラボしたバンドH Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」が大人気ヒットソングとなりました。

7週連続オリコンチャート1位にもなり、紅白歌合戦にも出場しました。お笑い芸人が歌ったソングではナンバー1に輝き、今でもカラオケで歌う方も多い元気がもらえる曲だと思います。僕も結構YouTubeで聴いたりしています(笑)

「ウリナリ」で結成したポケットビスケッツ、ブラックビスケッツ

90年代後半の金曜夜8時といえばウッチャンナンチャンの大人気バラエティー「ウッチャンナンチャンのウリナリ」が高視聴率をマークしていました。「ウリナリ社交ダンス部」や「ドーバー海峡横断部」といった大人気企画がウケて、そして何といってもポケットビスケッツ、ブラックビスケッツという音楽ユニットが結成したこと。

ポケットビスケッツはウッチャン、千秋、キャイ~ンのウド鈴木による3人組のバンド。「YELLOW YELLOW HAPPY」の売上が150万枚というヒットを飛ばし、大人気ユニットになりました。

そこにもう1つの人気ユニット、ナンチャン、ビビアンスー、キャイ~ン天野の3人が結成したブラックビスケッツがまた人気となり、ポケビ、ブラビとコンビで紅白にも出場しました。僕はどっちかというとブラックビスケッツ派で(笑)、「スタミナ」「タイミング」「リラックス」「バイバイ」の4曲は今でもYouTubeなどで観て元気をもらっています。1番好きな歌は「リラックス」ですかね??(笑)

とんねるずと裏方スタッフで結成したグループ「野猿」

当時とんねるずの人気バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」で結成した野猿も大人気ユニットでした。AKB48のプロデューサーでもある秋元康さんや振り付けをTRFのSAMが担当するなど、とんねるずの2人と番組裏方スタッフ(大道具、小道具、カメラクレーンなど)11人、合計13人の男性グループで活動しました。代表的なヒットソングとして「叫び」「Be cool!」「Chicken guys」などが大ヒット!!

数々の歌番組に出演したり、横浜アリーナや日本武道館などでコンサートを開いたり、そして第41日本レコード大賞の企画賞をも受賞したほどの人気でした。あのとんねるずの2人が真剣に歌を歌っている姿はカッコイイし、また歌も上手い!!

裏方スタッフのメンバーも時間がある時にダンスの練習をしたそうで、側転を披露するなど本当に野猿ブームは凄かったです。野猿もこれまたYouTubeで観たり聴いたりしていますね(笑)僕が好きな歌は「Chicken guys」です!!

野猿は現在のEXILEのような感じ??にも見えます。

本当に90年第後半はテレビ番組から結成したバンドがヒットソングを飛ばした時代でもありました。この時はCDをたくさん買ったり、レンタルしたりとハマってましたね。とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンも年齢は50代。ダンスは少し厳しいかな??でも歌は上手いので、どこかでまたテレビで再結成して聴いてみたいなとも思ってます!!

【音楽】ポケビとブラビが大好きなんだよ…。 – NAVER まとめあの伝説のお笑い番組の『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』から誕生した二つの最強ユニットこと、ポケットビスケッツとブラックビスケッツ。この二つの最強ユニットの…matome.naver.jp

via:NAVERまとめ

野猿☆メンバー ~とんねるずと番組スタッフの3年間~ – NAVER まとめ制作スタッフの思い出作りは、横浜アリーナを満員にし、紅白にまで出場できたこと。matome.naver.jp

via:NAVERまとめ

WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント girls ver. AOA 歌詞情報 – 歌ネ…WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント girls ver.(AOA)の歌詞:たまにはこうしてあなたとsp.uta-net.com

via:歌ネットモバイル