家計簿をつけていると、「子どもの学費が高い!」「食費や光熱費が高い!」「貯金できない!」など思い、嘆いていませんか?家庭の悩みについての記事は金銭関係がほとんどです。多くの主婦が家計をしているので、主婦の方は悩みが耐えません。どうしたら悩みが無くなるのでしょうか。

お金は自分の力で作る

お金は自分で苦労をして作るのが基本です。自分の涙と汗の結晶と思ってください。「宝くじで1億当てたら、幸せになれる」と思う人は多いですが、それは間違いです。宝くじで363億円当てた人は数ヶ月後に残酷な人生を歩んでいます(ネットビジネスで起業した大学生かこちゃんのブログより)。問題は、苦労して作ったお金をどう使うかです。

効率の良い、4つの節約術

汗水流したお金を大事に使うためには、節約が最適。節約したお金は、子どもの学費や貯蓄などに用いることができるので効率がいいです。これから4つの節約術を紹介しますので、いっしょに幸せな家庭を築きましょう。

携帯電話代の節約術

知らず知らずのうちに携帯電話を使いすぎて、多額な代金を払っている方は多いのではないでしょうか。そんな方に携帯電話の節約術をご紹介します。携帯電話でのインターネット回線は、主にパケット通信を使用しているのをご存知でしょうか。今からご紹介する節約術は、インターネット光回線を利用したWi-Fiと、他の業者のSIM(SIMフリー)を利用する方法です。

光回線は主に1世帯につき1契約で十分なので、インターネット代は家族で分け合って支払うことができてお徳です。また、回線速度制限が一切ないので、快適にご使用できます。SIMフリーは年間契約がない業者を選んでおくと、解約金が0円で済みます。月にかかる費用はインターネット代と携帯代合わせて約6,000円(1人分)で済みます。LINEなどのサービスを利用すれば、通話料はタダ。

注意することは、契約の際に有料のオプションサービスは契約しないことです。無線ルーターはレンタルではなく、自分で購入しましょう。あとパケット通信を使用するサービス(携帯メールなど)は利用できません。外での通話はできますがWi-Fiが使用できません。インターネットの利用が携帯電話のみでしたら、外や家でWi-Fiが使用できる「WiMAX」がおすすめ。

買い物の節約術

買いものの時に予定外の購入しまい、後悔してしまうことはありませんか?そういう方のためにとっておきの節約術をご紹介しょう。

予定外の商品を購入しないようにしましょう。買いものの前に食事を済ませ、購入予定の商品をメモし買いものに出かけます。買いもの時は、どこにも寄らずメモした商品を買いものカゴに入れ、まっすぐレジへ直行してください。家に帰る時もどこへも寄らず、直行して帰りましょう。そうすることによって、余計な出費が無くなります。

買いものに行く時期は、家にものが無くなった時です。広告に書いてある「50%OFF」や「ポイント5倍」などを目当てに行かないようにしましょう。安売りをしている時に店に行くと「ついでに」と思い、ついつい余計な商品を購入してしまいます。なるべく広告を見ないようにし、ポイントカードは作らないようにしましょう。「安売りしているから買わないともったいない」という考えは捨ててください。

100円ショップへ行ってはいけません。100円ショップはほとんどの商品が100円で売っているので安いと思い、ついつい必要のないものを買ってしまいます。100円も、積もり積もれば1,000円になることに気づいてください。普通の商品の方が長持ちするので、そちらを購入した方が節約できます。

家計簿は極力つけるようにしましょう。なぜ給料がすぐに無くなるのか、不思議に思うことはありませんか?数百円の品物を1ヶ月間買い続けると、あっという間に数10万円のお金が無くなります。家計簿をつけておくと1日ごとの浪費やどれだけの黒字(赤字)がわかるので、家計を見直すことができます。

光熱費の節約術

光熱費が高くて、「光熱費が高い!何でこんなにかかるのだろう?」など思ったことはありませんか?そんな方のために節約術をご紹介します。

省エネや節電をフル活用して、電気代を節約しましょう。家電製品にはいろいろありますが、省エネタイプを利用したり暖房器具の使用を止めると、電気代が大幅に節約できます。暖房器具の使用を止め、服を何枚も着たり湯たんぽを利用するなど、いろんな節約方法がありますのでご活用ください。

水やガスはなるべく使用しないようにして、水道代・ガス代を節約しましょう。寒い日に多いのは、お湯で食器を洗ったり、お風呂に水を溜めてお湯を沸かしたりしがちです。食器を洗うときは、手が暖かくなる食器洗い手袋を使用するなどして、なるべく水で洗いましょう。身体を洗うときもお湯を溜めないで、なるべくシャワーを使いましょう。そうすることによって、水やガスをかなり節約できます。

自動車などの節約術

車両はなるべく所有しないようにしましょう。自動車は多人数で遠くへ行けたり、雨で濡れないなどいろいろ便利な点があります。ですが、燃費や保険料・車検・修理・自動車税・駐車場代などで、年間約50〜60万円という莫大なお金がかかります。車両などを所有せず、通勤・通学時は電車やバス・JR・自転車を利用し、ドライブ時はレンタカーを借りるなどすると大幅に節約できます。

節約は、お金にゆとりを持たせたり生活を楽にさせたりと、家庭を幸せにしてくれます。他にも地球に優しいなど環境に良いメリットがあるので、我々にとってかけがえのない存在となるのではないでしょうか。自分だけでなく、他の人にも節約術を広めていき、世界のみんなと共に幸せになって行きましょう。

どんどんお金が貯まる!誰でも出来る簡単節約術 – NAVER まとめ日ごろから浪費をしてしまっている人は、多いかもしれません。ここでは、しっかりと節約をすることが出来る方法を紹介しています。matome.naver.jp

via:NAVER

ドコモ 光 お申し込みサイトドコモ光はフレッツ光の回線設備を利用した光コラボレーションサービスです。docomohikari.net

via:ドコモ光

最安値!ポケットWiFi比較で一番安いおすすめ料金プランと注意点rentalhomepage.com

via:ENJILOG