2016年4月1日より「障害者差別解消法」が施行され、世の中にはどのような合理的配慮(ごうりてきはいりょ)が飛び交っているのか?障がいを抱える人々はどのような合理的配慮と出会っているのか?そんな日常に潜む合理的配慮【GO!HI!(ゴーハイ!)】を紹介する当コーナーでは、当事者の日常で起こる「合理的いいね!」や「合理的じゃないね!」をお伝えしていきます。

今回はX JAPANの封印された歴史を描いた、ハリウッドが制作した禁断のドキュメンタリー映画「WE ARE X」を観に、TOHOシネマズ 与次郎へ出掛けたときの出来事です。

toho%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%81%ae%e9%85%8d%e6%85%ae-1

toho%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%81%ae%e9%85%8d%e6%85%ae-2

高まる興奮!深まる緊張!そんなとき…

toho%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%81%ae%e9%85%8d%e6%85%ae-3

toho%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%82%ba%e3%81%ae%e9%85%8d%e6%85%ae-4

Illustration by|*マリコ*

これまで通常の席や車いす席でも映画を観たことがあるのですが、こんなサービスを受けたのは初めてです!

最近始まったサービスなのでしょうか!?

ちなみに後日、通常の席のみで観に行くとブザーは渡されませんでした。

緊張もほぐれ、映画に集中することができました♪

「WE ARE X」、とてもよかったです♡!!

多くの人が映画を楽しめる取り組みが、全国的にすすんでいるようです!

gohi

その他のGO!HI!こちらから