フィギュアスケートの浅田真央選手が自身のブログで引退を表明しました。

浅田真央選手とは?

浅田選手は5歳からフィギュアスケートを始め、トリプルアクセル(3回転ジャンプ)を武器に活躍してきました。2010年バンクーバーオリンピックで銀メダルリスト、2008年、2010年、2014年世界選手権優勝。グランプリファイナル4回優勝。2010年のバンクーバーオリンピックでは女子シングル史上初競技中に3度の3回転アクセルを成功させた。浅田選手と言ったら韓国のキムヨナ選手とライバルでいつも競いあっていました。

2014年には1年間の休養

記者会見で現役続行の可能性を聞かれ『ハーフハーフ』と答えた。そして2015年5月に自身のブログで現役続行を発表。そして2017年4月10日に自身のブログで現役引退を表明しました。

私の憧れだった浅田選手

私が真央ちゃんと出会ったのは私が小学校4年生の時。ジュニアグランプリを見ていた所真央ちゃんが出ていて、真央ちゃんのジャンプに魅了されそれからスケート好きになりました。私もスケートを始めたいと思っていましたが、もちろんリンク場なんかは無く諦めてしまいました。それからずっと真央ちゃんを見ながら家でジャンプの練習をしたりしていました。小さいながらも真央ちゃんに憧れスケートを始めたいと思っていた私でした。今でも真央ちゃんに憧れているのは変わりません。

私はジュニアの時から応援していた真央ちゃんが現役引退することはショックでした。でも、真央ちゃんなりに頑張ってきたと思います。現役引退しますが、またアイスショーでも演技してみんなを笑顔にさせてくれる真央ちゃんを私は待っています。真央ちゃん感動をありがとう。そしてお疲れ様でした。

フィギュア浅田真央が引退表明  :日本経済新聞 フィギュアスケート女子のバンクーバー五輪銀メダリスト・浅田真央(26=中京大)が10日、自身の公式ブログで引退を表明した。www.nikkei.com

via:日本経済新聞