車椅子の人が電車に乗る際の、日本人の対応のあり方に、中国の人々は驚きを隠せないようだ。

中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の駅で車いすの男性に対する職員の対応の仕方について撮影した動画記事を掲載した。動画では、車いすに乗った男性が駅職員の援助のもと、エスカレーターに乗ってホームに上がり、職員は電車に乗る際に必要な渡し板を準備している様子が映っている。

この動画は、中国で話題となった。

「日本の民度が高い」と表現され、また、「これと同じような対応が中国人は出来るのか?」といった意見がコメントで交わされている。

その中でも私の目をひいたコメントが、

「ポイントはサービスをする人も受ける人も当然のことと考えていることだ」

である。

私は、日本の障害者に対しての意識が、高まってきているのではないかと思っている。

それは何故か?

全くの「無意識」であれば、こういった配慮は出来ないからだ。

今、日本における健常者と障害者の関係が、少しずつ構築されてきているのではないだろうか。

この記事は、中国人から見た日本人のあり方や、中国人の考え方が率直に書かれていて面白い。
何事も違った角度から見れば、新たな気付きがあるのだと感じた。

日本の駅で見かけた障害者に対する職員の対応に、中国では驚きの声も – ライブドアニュース車いすの男性に対する日本の駅職員の対応について、中国メディアが伝えた。職員が電車に乗る際に必要な渡し板を準備している様子などを紹介。中国ネットでは「日本は民度が本当に高い」などの声が寄せられたnews.livedoor.com

via:Livedoorニュース