誰にでも起きかねない自律神経失調症。実は私も自律神経失調症です。

自律神経失調症ってどんな症状が起きるの?

頭痛や耳鳴り、動悸、下痢、怠さ、めまい、立ちくらみ、手の震え、手足のしびれ、口や喉の違和感などです。

私の場合は原因不明で突然症状が出た

ある日、DVDを楽しく見ていると急に今までにないくらいの頭痛が3時間ぐらい続き急いで病院へ。でも異常なし。それから就寝時に自分の耳鳴りで目が覚めて大きい病院へ行くも異常なし。これは認めたくないけど精神的なものではないかと思い、心療内科へ。『自律神経失調症』と言われました。薬を何度も変えても合わず症状は悪化。お箸も持てないぐらいの手の震え。何も口にしていないのに詰まって気管が狭くなったような喉の違和感。『ずっとこの症状を我慢しなきゃならないんだ』と思っていました。

病院の対応で心境も変わる

医師が症状を聞いて『またこの薬で我慢してね』と言われ病院に行くのが嫌になったりしたこともありました。診療時間は3分とか。私的にはじっくり話を聞いて貰いたいんです。また最近病院を変えましたが、とても良い心療内科で先生のおかげで良い薬を処方してもらい、心も軽くなり症状も少しずつ良くなりました。

自律神経失調症はもしかしたら誰にでも起こることかもしれません。何かおかしいなと感じたら無理せずゆっくり休んで、心療内科や精神科に行くことをおすすめします。

自律神経失調症ってどんな病気なの?福島県郡山市 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 総合南東北病院は最先端の医療を提供して行きます。がん(ガン、癌)検診・治療、PET検査、陽子線治療から脳腫瘍ガンマナイフなど。www.minamitohoku.or.jp

via:総合南東北病院