今年も確定申告が終わりました。申告期限のギリギリになって慌てて領収書を集め、電卓とにらめっこをした人も多いのではないでしょうか?確定申告は聞きなれない用語とその複雑な計算方法で毎年、申告者の頭を悩ませます。もちろんぼくもその一人です。

本当は税理士さんに相談してしっかりとした申告書を作ってもらえばいいのでしょうけど、自営業の会計で税理士さんに頼むのはもったいない。かといって、自力でやるほどの会計知識もない。そういう自営業者の強い味方が会計ソフトです。会計ソフトは日々の入出金を記帳するだけで、申告書の作成ができ、後はプリントアウトして提出するだけです。おまけに経営レポートまで作ってくれるものまであり、会計ソフトは自営業者に必須のツールといえるでしょう。

会計ソフトの種類

会計ソフトはパソコンにインストールする従来からあるタイプと、ブラウザ上で動くタイプの「クラウド会計ソフト」とがあります。今回この記事でとりあげたいのはブラウザを起動して利用するクラウド会計ソフトです。クラウド会計ソフトは従来のインストール型の会計ソフトからそのシェアを奪っている、今後(現在も?)主流となるであろう会計ソフトです。メジャーなソフトでは「freee」と「MFクラウド会計」があり、CMなどで目にしたことがある人も多いかと思います。どちらも機能や価格に大きな差はありません。

クラウド会計ソフトのメリット

クラウド会計ソフトはその名の通り、会計情報がクラウド上に保存されます。従来の会計ソフトはパソコンに依存していたため、決まったパソコンからしかアクセスできませんでした。例えば、インストールしたパソコンが事務所のデスクトップパソコンだった場合などには、その事務所でしか作業ができないということも当たり前でした。一方のクラウド会計ソフトは使用するソフトもブラウザで動くため端末を選びません。パソコンやスマホがあればどこからでもソフトにアクセスし、例えば出張先のホテルから日々の帳簿をつけることもできます。

また、クラウド会計ソフトは自動でアップデートをしてくれます。確定申告や税法はたびたび改正があるため、自動アップデートは結構重要なポイントです。今年から、確定申告にもマイナンバーが必須となりましたが、ちゃんと対応していました。

データの保守性についてもクラウド会計ソフトは優れています。パソコンのトラブルで最も怖いのはハードディスクの故障です。データはクラウド上に保存されるため、万が一パソコンが壊れてもデータが失われることがありません。これまでは、突然壊れるハードディスクからデータを守るため、こまめなバックアップは必須でした。

こうしてあげてみるとクラウドならではの利点が結構あるとわかっていただけたのではないでしょうか

クラウド会計ソフトのイマイチなところ

でもやっぱり弱点もあります。クラウド会計ソフトはパソコンに依存しないかわりにネット環境が必須です。オフラインのブラウザでページは開けませんよね。それに、公共施設などのフリーWi-Fiはセキュリティの不安もあり使いにくいのが本音です。そう考えると、ぼくも自宅か、事務所でしか利用していない気がします。セキュリティといえば気をつけないといけないのがパスワードの管理。クラウド上のデータは強固なセキュリティで守られていますからそこまで心配しなくてもいいのですが、ログインネームとパスワードさえわかれば誰でもアクセスできてしまいます。これは端末を選ばないからこその弱点といえそうです。重要な情報なだけにパスワードは他のWEBサービスで使っているものとは違う、推測されにくい複雑なものにしましょう。

ざっとかんたんにまとめてみましたが、デメリットよりメリットのほうが大きく、ぼくもクラウド会計ソフトを利用して満足しています。ただ、日々の売上をこまめにつけていかないと申告日前に慌てることに変わりはありません。来年はサクッと申告を終わらせられるように、クラウド会計ソフトを利用してコツコツ準備をしてみてはいかがでしょうか。

会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無…www.freee.co.jp

via:freee

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」確定申告ソフトならマネーフォワードの「MFクラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告フリーソフトです。青色申告や白色申告に対応。確定申告書Bや青色申告決算書、収支内訳書など確定申告必要書類の自…biz.moneyforward.com

via:MFクラウド確定申告