誰もが見た事があるであろうジブリ映画を手がける宮崎駿監督が引退宣言をしてから4年。今月2月に復帰するとのニュースが話題になっていました。

宮崎駿監督とは?

1941年1月5日生まれ。日本の映画監督で漫画家。他にもアニメーターとしても活躍しています。1978年の『未来少年コナン』で初監督を務め、映画『ルパン三世 カリオストロの城』で映画作品の監督デビューをしました。宮崎駿監督の主なアニーメション映画は『パンダコパンダ』『ルパン三世 カリオストロの城』『風の谷のナウシカ』『天空の城のラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』を大ヒットさせた、日本を誇る名監督です。

ジブリ映画に魅了される理由

私的な考えなのですが、私はジブリ映画を見るときにその世界観へ溶け込まれるというか、宮崎駿監督は描く風景が素敵で『こういう所へ行ってみたいな』と思ったりします。魔女の宅急便のあの街並みやトトロがいる森など現実では考えられない(?)世界へ行ってみたいものです。私は小さい頃に『となりのトトロ』を何回も見てメイちゃんぐらいの歳だったのでまっくろくろすけとトトロに会いたい!!とか思っていました(笑)初めて映画館で見た映画は『千と千尋の神隠し』小学生だった私は親が豚になったシーンを見て『私の親も豚になったらどうしよう!!』と思っていたりしました。それから後に千と千尋の神隠しのVHSを買ってもらいハクが作ったオニギリの形になったフィギュアを大事にしていました。小さい頃からジブリ映画を見ていた私にとっては2013年に宮崎駿監督が引退と聞いてショックでした。

なぜ引退撤回をしたのか

『自分以外の人がスタジオジブリ作品を作るのが嫌なのでは』と鈴木プロデューサーは発言しています。しかし、なぜ引退を撤回したのかは本人にしか分からないことですね。

長編映画ということでかなり制作に時間が掛かると思いますが新しい宮崎駿監督の作品ということなので楽しみですね。

via:huffingtonpost

宮崎駿 – Wikipediaja.wikipedia.org

via:Wikipedia|宮崎駿