2月4日、鹿児島城山観光ホテルで世界文化遺産1周年トークショーを開催。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で、五代友厚役を演じた俳優のディーン・フジオカさんが、ゲストとで招かれました。

薩摩藩士、五代友厚とは??

五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本の武士(薩摩藩士)、実業家。薩摩国鹿児島城下長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれです。大阪経済界の重鎮の一人。当時、「まさに瓦解に及ばんとする萌し」(五代)のあった大阪経済を立て直すために、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図りました。

『あさが来た』で五代様ブーム!!!その火付け役となったディーン・フジオカさん

人気のディーン・フジオカさんは、福島市生まれ。千葉県鎌ケ谷市で育ったそうです。日本語、英語、中国語、インドネシア語など5言学を操る多彩な方!2015年9月からNHK連続小説『あさが来た』では五代才助(さいすけ)役をしていました。その後の出演ドラマ『ダメな私に恋してください』では、主人公の前の職場の上司役として番組終了後『主任ロス』などの言葉が出います。

鹿児島世界文化遺産1周年トークショー

鹿児島市で4日開かれた世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の登録1周年記念トークショーに登場しました。薩摩藩士、五代友厚の魅力などを話し、約1000人のファンを魅了した。定員数は初め800人でしたが全国からの応募が1万人を超え1000人に増えたと言います。競争倍率は凄かったみたいです。
2008年にNHKで放送された大河ドラマ『篤姫』では、篤姫ブームとなり多くの観光客が鹿児島に足を運んでくださいました。今回NHKで放送された連続テレビ小説『あさが来た』では、薩摩藩士五代友厚を演じたディーン・フジオカさんと五代友厚像での2ショット写真が反響を呼びました!!そして来年2018年にNHKで放送される大河ドラマ『西郷どん』では、西郷隆盛役を人気俳優の鈴木亮平さんが演じます。この大河ドラマ『西郷どん』でも西郷隆盛ブームが来て多くの観光客が鹿児島に足を運んでくれると嬉しいですね。

鹿児島)ディーン・フジオカさん来県 ドラマ裏話も披露:朝日新聞デジタル 2015年7月に旧集成館などが世界文化遺産に登録されてから1周年になるのを記念して、NHK連続テレビ小説「あさが来た」で実業家の五代友厚を演じた俳優のディーン・フジオカさんらのトークショーが4日、鹿…www.asahi.com

via:朝日新聞DIGITAL

五代友厚 – Wikipediaja.wikipedia.org

via:Wikipedia 五代友厚

ディーン・フジオカ – Wikipediaja.wikipedia.org

via:ディーン・フジオカ