アニメで公開されている「赤毛のアン」。みんなを感動させる作品で、数々の受賞をしている。だが、小説版の「赤毛のアン」も読んでもらいたい。

「え!アニメも小説も一緒じゃない?」と思われがちだが、実際、読んでみるといい。アニメ版とはストーリーも雰囲気も違う場面が出てくるのだ。

アニメ版と小説版はこう違う

小説版は、原作を翻訳しているので、翻訳者によって違うが、ほぼ作者が執筆した物語を読むことができてしまう。

アニメ版は、原作を翻訳した小説に少し物語を加えたり、少し削ったり、登場人物が変えられたりしていることがある。

そういうわけで、アニメ版と小説版の2つの違う場面を楽しむことができるのだ。

お互いの長所と短所

アニメ版と小説版では、長所と短所がある。

  • アニメ版

長所:舞台やストーリーなどを見聞することができるので、風景やキャラクターも表情や服装などの詳細がわかる。

短所:映像や音声など全部の情報が表示されているので、思考力・記憶力・理解力がほとんど安易になってしまう。たとえば、最初のストーリーを忘れてしまう・ぼーっと観てしまうなど。テレビや、再生機器が必要。

  • 小説版

長所:舞台やストーリーなどを文字や挿絵を参考して、自分なりに思い描くことができる。また、思い描いたことを頭に焼きつかせないといけないので、忘れにくい。すなわち、想像力・記憶力・文章能力が向上する。

短所:舞台やストーリーなどを文章や挿絵のみで表現されているので、風景やキャラクターの詳細がわからない。想像力・記憶力・構築力が必要。

会話の場でも役立つ!

コミュニケーションで役立つ場合がある。

会話の場で、自分が「赤毛のアン」を切り出した場合、相手が知っているアニメ版・小説版のどちらかを語ることができる。相手がどちらとも知らない場合、相手の好きな方を紹介すればいい。

情報が多い方が、会話をふくらますことができるのだ。

アニメ版や小説版には、それぞれ特別な魅力がある。魅了されてしまい、アニメ版と小説版の両方を購入する人もいるのもめずらしくはない。

今は情報化社会。インターネットを通じて、「赤毛のアン」の作品が安価で簡単に楽しむことができる。ミュージカル版・実写版など、他の作品も合わして、世界中のだれにでも感動をあたえられることを心から願う。

赤毛のアン 原作www001.upp.so-net.ne.jp

via:HIRAO’S HOME PAGE

赤毛のアン – Wikipediaja.wikipedia.org

via:ウィキペディア