交通事故というのは世の中いろんな場所で起こっていて、よくテレビやネットでもニュースで見ますよね。こういったニュースを目にするたび「ぼくも気をつけなきゃ」と思うのですが、やはりどこかで他人事のような気がしていました。

本当の交通事故現場を自分の目で見てしまうとは、まさかこの時は思いもしませんでした。

ひふみよベースまで向かう道路は車や通行人が多い

1月28日の土曜日午前10時過ぎ、いつものルートでぼくは仕事場である鹿児島市紫原(むらさきばる)にあるひふみよベースにバイクで通勤していました。途中でものすごく急で長い坂を上り、見通しの良い一直線の道路を走って行きます。

この一直線の道路は通ったことがある方は分かると思いますが、車の交通量が平日でも多く、近くには小学校が2つ、公園も数カ所、スーパーやコンビニなどもたくさんあって、歩道にはたくさんの人が歩いている道路なのです。特に夕方になると小学生などの下校中の子供が多いのです。

運転手の携帯電話の脇見で事故は起きた

ぼくはその直線道路をバイクで走っていました。ひふみよの近くに大きなスーパーがあります。このスーパーの前に1台の消防車が止まっていました。向かいに駐車場があるのですが、そこに目をやると何やら人だかりが…。

そして徐々に渋滞していき、バイクを徐行させながら人だかりを見てみると1人の女性が仰向けに倒れていたのです。

誰かが倒れた女性に心臓マッサージをしていたので、「うそ!!マジか…」と思いながらそのままひふみよに到着しました。

そこでスタッフの方やメンバーの方に「○○←(スーパーの名前)の前で事故がありましたよ〜」と話をしていたその時に救急車がものすごいスピードで走って行ったのです。

ニュースによると、原因はトラックの運転手が携帯電話を取ってお客さんに電話をしようと脇見をしてしまい、女性にぶつかる直前に気づいたらしいのですが間に合わずはねてしまったとのことでした。

そしてその5時間後に女性の方は亡くなられました。はねた運転手の男性は逮捕され、この事故は夕方の鹿児島のニュースで交通死亡事故として報道されました。

交通事故は他人事ではない、安全運転は大事

この直線道路にはいくつかの横断歩道があります。信号機の付いている横断歩道もあり、付いていない横断歩道もあります。この信号機の付いていない横断歩道を通るメンバーの方とよくこんな話題になります。

車がなかなか止まってくれないから渡るのが怖いよね」「信号機付けてほしいよね」…。

ぼくの周りだけでも多くの人がこの付近の道路への信号機の必要性について話をしています。近隣の方などを含む、おそらくもっと多くの人が心配している道路なのではないでしょうか。

このような気をつけなければならない道は全国的にも多く、もっと改善の余地があるのではないかと思います。

ぼくもいつもはバイク、雨の日などは車を使っています。以前、車で通勤していた時に対向車が横断歩道の前で停止している時があり、ぼくもそれに気づいて慌ててブレーキを踏みました。よく見たら横断歩道を渡ろうとしている歩行者が手を挙げていました。

これは自動車学校でも習うことで、歩行者が横断歩道を渡ろうとしている時は歩行者の方を優先して車を停止させなければなりません。

車を停止させなかったぼくが悪いのに、歩行者の方が「すみません」と聞こえてくるように頭を何回も下げながら渡っていくの姿を見ると心が痛くなります。

どんな時でも安全運転は大事、脇見や携帯電話、スマートフォンを見ながらの運転などあってはならないことです。最近は「ポケモンgo」をして事故を起こしてしまったというニュースが多いですね。だけど事故の原因は「ポケモンgo」だけではないと思います。

人の命を奪ってしまうと被害者やその家族、身内や親友が悲しみ、加害者になってしまうと一緒で自分の家族、親友が悲しむのです。

ちなみに鹿児島読売TV「KYT」では、夕方のニュースevery.の中で「道路ここを直して!」という企画があり、視聴者からの投稿で鹿児島県内の不親切な道路標識や危ない道路、交差点などの特集を行っています。

県外から鹿児島に来た人の中では、「鹿児島の道路は標識がわかりにくい」との声も多いようです。不親切な道路標識や、信号機の少ない場所など、鹿児島の道路が多くの人にとってもっと使いやすくなるといいものです。

自分のよく通う道路で交通死亡事故が起きる、あの時は本当に思いもしませんでした。その被害者がもしもひふみよの大切なスタッフの方やメンバーの方だったらと思うと本当に他人事ではありません…。

事故現場を実際の目で見るのとテレビのニュースで見るのとは全く違います。本当にぼくも「これからもしっかり安全運転をしないと」と胸に刻み込みました。

1つでも交通死亡事故が無くなるように、車やバイクを運転するドライバーの方は歩行者の安全と脇見や居眠りなどしないようにといつも心がけて運転してください。

KTSニュースヘッドライン|ニュース・天気|KTS 鹿児島テレビnews.ktstv.net

via:KTS鹿児島テレビ

道路ここを直して!: 道路ここを直して!キャンペーン特集スタートのきっかけwww.kyt-tv.com

via:KYT 道路ここを直して!

via:KYT 道路ここを直して!情報募集