灰がでない・ニオイが少ない・煙がない革命的な電子タバコとしてここ数ヶ月、IQOS(アイコス)が爆発的人気だ。ヒートテクノロジーがタバコ界を侵食してきている。まだまだアイコスが手に入らないと嘆いている人が多くその人気が窺える。近い将来、火で燃やすタバコはなくなるのではないだろうか。

もしかしたらこれから先の記事は、非喫煙者にとってはとても不快な話になるかもしれない。

加熱式タバコ、または禁煙リタイアブーム?

最近、周りの知人の中の禁煙組が次々とタバコを吸い出している
「パートナーがまた吸い始めたからなんとなく自分も」「太ってきたから」などリタイアの理由は様々。アイコスを購入予定だが予約後5ヶ月経過しているのに手に入らないと嘆いている。

そんな私も3年以上禁煙していたのに、ここ数ヶ月IQOS(アイコス)を吸い始めた。数百回と禁煙に失敗してきて、やっと成功したのにもかかわらず。

不思議なもので、禁煙に成功した時もアイコスを吸い出した時もこれといった理由はない。ふわっと辞めたくなり、ふわっと吸いたくなった。辞める!と宣言してからはかなり引きずっていたが、いざ吸わなくなったらそのまま3年が経過していた。

IQOSユーザーのくせに、いまだに燃やすタバコのニオイは不快だし、居酒屋や喫煙ルームに入った後の自分の服についたニオイが不快だ。昔はこんなニオイをぶちまけていたのか…なんて今更反省しているが、おそらく非喫煙者の方にとってはIQOSの水蒸気もかなり不快にちがいない。(ごめんなさい)

とはいえやはり火で燃やす従来のタバコに比べると圧倒的にニオイは少ないし残らない。火で燃やすタバコはNGだが「アイコスのみOK」といったカラオケやカフェ席も全国的に増えつつあるようだ。

喫煙のデメリット、禁煙のメリットもそれなりにはわかっているつもりだ。そして、好転反応を除き禁煙にはメリットしかないと思っているだけに自己嫌悪に陥りながらもIQOS中だ。

>>在庫あり!今買えるIQOS 本体キット<<

もしあなたが禁煙したいがためにIQOSに変えようとこの記事にたどり着いたのなら、あまりおすすめはしない。禁煙は経験上、心の持ちようだからだ(笑)

今さら聞けない「アイコスってどうやって使うの?」

IQOSを持っていると、以外と周りから使用方法を聞かれることが多い。特に禁煙中の人に(笑)やはり体に染みついているのか、興味深々だ。ちなみにアイコスにはフレーバーが4種類ある。

  • レギュラー
  • バランスド レギュラー
  • メンソール
  • ミント

コンビニなどで目にしたことのある方も多いかもしれない。通常のタバコに比べ1/2程度の短さだ。ちなみに私はメンソールしか受けつけなかった。他の銘柄はどうにも燃やすタバコ感がある気がして苦手だった。

アイコス本体のカラーやデコレーショングッズなども多い。本体は充電式でものすごい量を吸うヘビースモーカーでない限り1日、2日は余裕でもつ。充電された本体からアイコススティックを取り出し、コンビニなどで購入したお好きなフレーバーを1本指す。ボタンを長押ししLEDの点滅が消えたら吸えるという合図だ。14回ほど(たぶん)吸うと赤いランプに変わる。これ以上吸えないの合図だ。

収穫は「キスが増えた」こと?(笑)

ちなみに同じく電子タバコの「プルームテック」は2017年から大都市圏から徐々に販売エリアを拡大していくとのこと。プルームテックは個人的にはデザインはスマートでおしゃれで好きなのだが、アイコスなどと違い中身(カプセル)はコンビニなどでは手軽に購入できないのが難点かもしれない。

禁煙のために電子タバコを検討している時点でアウトっぽいが、火で燃やす通常のタバコに比べるとタールも少なく良いのかもしれない。お笑い芸人のフジモンは、アイコスに変えてから奥様の木下優樹菜さんがキスしてくれる回数が増えたそうだ(笑)

ただ吸わないほうが何かと好都合だ。健康を損なうおそれは絶対にある(吸うくせに)。吸う時は、必ずマナーは守ろう。

via:IQOS 公式サイト