テレビが怖い。

私は、テレビ番組をほとんど見ない生活をしている。
見ても、好きなアーティストのDVD程度であるから、地上波に至っては全くと言っていいほど見ない。

特に、見ることが出来ないのは、ニュース番組だ。
どこどこで事件がありました。事故がありました。
そう聞いて、流される映像を見ると、とてつもない不安に襲われる。
政治の話題も、芸能ゴシップもダメ。
大抵は、良い気持ちにならないニュースなのだ。
流れ込んでくる情報に、不安を煽られ、酷いときは恐怖を感じ、軽いパニックを起こしてしまう。

それならばもう最初から見なければ良いと、我が家のテレビの電源が入ることはほとんど無くなった。

勝手に入り込んでくる情報は、私の心をかき乱す。
不安が強い私にとっては、無差別に、そしてしつこく情報を垂れ流すテレビは天敵だった。

だからこそ、テレビは見ない。
よって、今のトレンドや、世間のことは殆ど知らない。
しかし、案外困らないものだ。
このご時世、知りたいことがあればネットで検索をし、自分の得たい情報だけを見れば良い。

知りたくないことは知らなくてもいいと、私は思う。

もちろん、テレビは文明の利器である。
しかし、それが、自身の心を揺さぶるようであったら……。
暗い気持ちになって落ち込むより、笑って楽しい気持ちでいられるほうがもちろん、健康的である。

もしも私のように、ちょっとした不安が心を蝕んでいくような人がいたら……そうでなくても、気持ちが沈んでいたり、不安定な時。
そんな時は世の中に溢れる情報から、少し離れて「自分の時間」を持ってみるのもいいのではないだろうか。