年末年始にかけて、東京都内宿泊施設が、集客力を高めるためのプランを発表しています。大晦日から元日にかけては、自分の家族とインドアで過ごすことが当たり前になっている自分にとって、ホテルでカウントダウンを迎えるなんて随分贅沢な過ごし方にも思えます。

経済的にゆとりのある高齢者を中心に、需要はあるようです。そして、その固定客になってもらうという、ビジネス上のプランが宿泊施設側にはあります。

プリンスホテルが運営する高輪地区の3ホテルは、高齢者や3世代での利用を想定した正月の宿泊プラン(2泊から)を販売している。落語家による演芸会や書き初め、盆栽作り、いすに座ってするヨガなど高齢者が楽しめるイベントを連日開催。元旦にはおせち料理や全国各地のお雑煮などが楽しめるビュッフェスタイルの朝食を出す。

様々なプランは高齢者にターゲットを絞ったサービスになっています。有料で、移動入浴食事などをお世話するプランもあります。基本料金は3時間2万5920円

一方、京王プラザホテルでは落語の寄席を企画しており、こちらは3世代4世代にわたっての集客を目指しています。

ホテルニューオータニ(千代田区)では日本庭園を放つイベントを企画し、幕張のニューオータニとの間で無料シャトルバスの運行を計画しています。イベントは100を超えるということです。

港区のホテルオークラでは、連泊が中心になっている正月の宿泊プランに1泊のプランも取り入れました。気軽に利用してもらうため、大晦日のカウントダウンコンサート正月の獅子舞など、企画するイベントに予約なし無料で参加できるよう計画しています。

同じく年末年始の旅行でも、活発に観光地を周りたいという旅行客もいますが、高齢の方々の中にはゆっくりとくつろいでホテルのサービスを満喫したいという需要もあるでしょう。

まず1世代めの高齢者の方々を顧客にとり込むことが、その下の世代まで囲い込む有効な手段になることでしょう。

都内ホテル、年末年始は3世代で 落語・盆栽、高齢者も楽しく  :日本経済新聞 東京都内のホテルが年末年始、祖父母・父母・子の3世代の集客に力を入れている。宿泊期間中に落語や盆栽、ヨガなど中高年が楽しめるイベントを開くほか、別料金で高齢者の入浴や食事を手助けするところも登場してwww.nikkei.com

via:日本経済新聞