視覚に障がいをおった方たちに必要な点字ブロック。
実はこの点字ブロックを作ったのは日本の方ということは知っていますでしょうか?

点字ブロックは財団法人安全交通試験研究センターの初代理事長である三宅精一氏が友人のために発案したのがきっかけです。
世界で初めて点字ブロックを設置したのが岡山県岡山市中区の原尾島交差点周辺です。

このあたりのようです。

今や国際規格ともなったこの点字ブロックですが、2016年更に進化を遂げようとしています。
その名も「情報ブロック ことばの道案内ブロック」です。

549618

画像引用:RBB TODAY

この点字ブロックはソーラーパネルとICチップが埋め込まれているようでスマートフォンなどを近づけると音声によって道案内をしてくれるといいます。
わたしがこのブロックのことを知って一番最初に思ったことが「電車の事故を減らせるのではないか?」でした。

HIFUMIYO TIMESでも取り上げた視覚障害者の駅ホームの転落事故

2009年から増加傾向?なぜ視覚障害者の駅ホーム転落事故が増えるのか?徐々に増加している視覚障害者の電車ホームでの転落事故。 今年8月にも東京メトロ・銀座線の青山一丁目駅で盲導犬を連れた方がホームに転落し、亡くなりました。 こういった転落・電車接触事故は2009年移行増加している傾向にあり…1234times.jp

視覚障害者の当事者はバリアフリー化された駅ホーム内を「歩きづらい」と言っています。
しかし、この音声案内を行う「情報ブロック ことばの道案内ブロック」が導入されればどうでしょうか?

「何番ホームにいるのか?」
「どこ行きのホームにいるのか?」
「次の電車の時間はいつなのか?」

を伝えることができるのではないでしょうか?
そうすれば少しでも事故が減らせそうな予感がします。

また

 視覚障害を持つ方々だけでなく、訪日外国人客に対する道案内や観光情報の提供などへの応用も可能とのこと。

とあるように、外国人観光客に対しても有効のようです。
2020年には多くの外国人観光客が訪れます。

この「情報ブロック ことばの道案内ブロック」が導入されることでより外国の方が訪れやすくなるかもしれませんね。
今後の全国普及に期待したいと思います。

 

点字ブロックの進化版!? ICタグと連動して視覚障害者を音声案内 | RBB TODAY いわゆる「点字ブロック」(視覚障害者誘導用ブロック)は、視覚障害を持つ方々が外出する際になくてならない社会インフラの1つといえる。www.rbbtoday.com

via:RBB TODAY

視覚障害者誘導用ブロック – Wikipediaja.wikipedia.org

via:Wikipedia