横須賀市で認知症初期集中支援チーム「にこっとチーム」が始動しました。

にこっとチームでは専門医が1名と複数の専門職でチームを組み、認知症の初期の支援を包括的・集中的に行うことを目的に作られたチームです。

厚生労働省の発表によると、認知症を患う人数が2025年には今の1.5倍の700万人を超えると言われています。
認知症は

いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。

と、誰もが通る障害です。

認知症にはいろいろと障害の種類があります。
主なものとして下のものが上げられます。

・アルツハイマー型認知症
・脳血管型認知症
・レビー小体型認知症
・前頭側頭型認知症

およそ60%はアルツハイマー型の認知症、およそ20%は脳血管型認知症が原因とされています。
認知症には脳腫瘍ビタミン不足などでも起きることがある病気で、原因となる病気を治療することで症状が治ったり、緩和したりできるものも中にはあります。

また、早期発見が大切です。
もし治らない認知症であったとしても、本人や家族、介護者の質を高めることで介護の負担を減らすことができます。

にこっとチームでは

認知症や認知症の疑いのある人の相談を受け、専門医の助言により複数の専門職が訪問し、症状など状況の確認、家族支援等の支援をしていきます。

と、認知症に関するプロたちがケアにあたってくれます。

対象者は

本市に住所を有する40歳以上の在宅で生活している者で、認知症が疑われる、または認知症の人で次の号のいずれかに該当する人とします。
(1)認知症の診断を受けていない人、または治療を中断している人
(2)医療サービス、介護サービス等を受けていない者、または中断している人
(3)医療サービス、介護サービス等を受けているが、認知症と思われる行動または心理症状が顕著に見られるため、その家族等が対応に苦慮している人

と、横須賀市に限定されますがこれからの将来を見据えたサービスを展開しています。

認知症は今後増えていきますし、今は認知症でないわたし達もいずれ認知症になる方がほとんでしょう。
一番最初に気がつけるのは家族です。

今までと何か違う」など感じたらすぐにでも専門機関へ相談をしましょう。

 

認知症とは? | 認知症ねっと認知症とはどんな病気かを説明しています。主な認知症の種類や、認知症の症状など基礎知識について解説します。他に、増加し続ける認知症高齢者の数や、「痴呆症」と「認知症」の違いについても解説します。info.ninchisho.net

via:認知症ねっと

認知症は治るの?|認知症でお悩みの方へ – 下田神経内科クリニック(鳥取県鳥取市脳・神経内科)www.shimoda-clinic.com

via:下田神経内科クリニック(鳥取県鳥取市脳・神経内科)

横須賀市認知症初期集中支援チーム(にこっとチーム)が始動しました(2016年11月15日)|横須賀市www.city.yokosuka.kanagawa.jp

via:横須賀市

専門医・専門職による認知症相談事業「ã…横須賀市認知症初期集中支援チーム横須賀市では、認知症初期集中支援チーム「ぅwww.caretomo.com

via:けあNews