先日、衆議院選挙の公示がされました。その中でSPEEDの今井絵理子さんが立候補されました。私は今井絵理子さんが議員として活躍される事を期待しています。それは、今井絵理子さんの一人息子さんが感音性難聴で、育てられている事。親子の会話は手話なんだそうです。

今までお子さんを育てられてきて、色んな苦労があったと思います。それでも、今井絵理子さんはいつも笑顔で、地方公演などにもお子さんと行ったりしていて、お子さんと二人、とてもいい表情をしています。今井絵理子さんが深い愛情で育てられてきたんだな。と一目で分かります。そして全国各地のボランティアや、養護施設などの訪問など色々な所へ飛び回っており、障がい者への理解はもちろん、周りへの配慮にも力を入れています。

そして、何しろまだまだ若!多方面でも期待が持てる議員さんになるのでは…と個人的に期待しています。

今井絵理子さんは初日の演説でこう話されています。

「初ライブと同じような気持ち」と緊張しながらも、「障がい者は個性。その個性を認めあえる社会をつくりたい」と声を張り上げた。

私はこの言葉が現実になり、もっともっと日本が障がい者に対し、優しい社会になって欲しいと願わずにはいられません。今井絵理子さんだけではなく、もっともっと若いやる気のある議員さんが増えていくことを願っています。

今井絵理子氏 選挙戦で自慢の歌声封印 公職選挙法に抵触の恐れ (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース 第24回参議院選挙が22日、公示され、7月10日の投開票に向け、18日間の選挙headlines.yahoo.co.jp

via:Yahoo!JAPAN