国際福祉機器展 2016」でコンテストに入賞したアイディアが発表されました。
国際福祉機器展は世界の福祉機器が一堂に集まるイベントです。
2016年には17カ国1地域より530社の企業・団体が製品を展示しました。

来場は無料で、累計来場者数は112,752人とかなり大規模な福祉機器のイベントです。
来年の2017年は9月27日(水)から9月29日(金)にかけて行うことを予定しています。

選考には

「実際のニーズに基づいた実用的なモノを評価した」

と山形茂生選考委員長は話しています。
優秀賞に選ばれた作品は

wadai20161111b

画像引用:株式会社官庁通信社

すららとぱっくん」食事や文字を書いたりするのをサポートするアイテムです。
神奈川県のリハビリテーションセンターの松田健太さんと一木愛子さんが考えたそうです。

握力が弱かったり震えたりしても落下しないそうです。
使い方はシンプルで、本体の穴に親指と人差し指を差し込むだけです。

利き手や指のサイズで大きさを選べる他に、好みの色も選べるようです。

wadai20161111c

画像引用:株式会社官庁通信社

こちらもすららとぱっくんと同じく、機器開発部門の優秀賞に選ばれた「ユニバケ」です。
日本身障運転者支援機構の佐藤正樹さんが制作しました。

車の揺れから守る機能があり、デイサービスの送迎時に座席から転倒しないようつくられています。
サイズは高さも幅も柔軟に変えることが可能にため、体格に合わせて車に設置することが可能です。

wadai20161111d

画像引用:株式会社官庁通信社

あけれるくん」。
秋田県立湯沢翔北高校に通う今貴史さん、後藤将太さん、今野翔太さんが制作しました。

ペットボトルを固定して片手でも開けられるのが特徴です。
キャップの部分を回すのではなく、本体を回してあけます。

ペットボトルを開ける以外にも外出時のドリンクホルダーやパーツを変えれば簡易的なテーブルとしても使うことができます。

山形茂生選考委員長は

「今後も現場の声に耳を傾けて、作品作りに取り組んでほしい」

と受賞者へ述べています。

 

国際福祉機器展ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会。 保健医療・福祉・介護の各分野の制度改革や事業活動を紹介する国際シンポジウム、セミナー情報など国際福祉機器展H.C.R.に関…www.hcr.or.jp

via:国際福祉機器展

最優秀賞に書字・食事用の自助具 福祉機器コンテスト2016 | 株式会社官庁通信社 表彰式の様子 日本リハビリテーション工学協会が毎年開催する「福祉機器コンテス…kancho-t.com

via:株式会社官庁通信社

via:ケアマネタイムズ