RSウイルスは感染力が強く、2歳までに人にほぼ100%感染します。
RSウイスルとはどういったウイルスなんでしょうか?

RSウイルスは風邪と似ています。
初期症状は鼻水が出てくるようになり、出た鼻水をすするとウイルスが体内に戻ってしまうため、なかなか治りません。

鼻水の他に症状は「発熱」「喉の痛み」「のどの腫れ」「」「喘鳴」「気管支炎」「肺炎」「呼吸困難」「無呼吸発作」などがあります。

数日間、鼻水とくしゃみを繰り返した後回復します。
発熱などもありますが、乳幼児のほとんどは数日のうちに回復します。

しかし、赤ちゃんは注意が必要です。

0歳~1歳未満の赤ちゃんは、38度以上の発熱が数日続いた後、気管支炎や肺炎などに移行するということもあるようなので注意が必要です。

とあるように、気管支炎や肺炎に移行することがあります。
乳幼児のほとんどは軽症ですみますが、3割は咳が悪化して呼吸困難になります

重症化すると、無呼吸発作に陥って突然死…ということもあるようです。

予防は

  • 手洗いうがい
  • 風邪の人と接触をひかえる
  • 人混みを避ける
  • 予防注射

手洗いうがい」や「風邪の人と接触をひかえる」ことはもちろんですが、感染力の強いウイルスです。
冬の保育園などはウイルスが蔓延していると言われているようです。

予防注射には保険対象者に制限があります。

・早産児(6~12ヶ月以下)
・呼吸器系、循環器系疾患のある子
・免疫不全患児
・ダウン症の子など

です。
他にも2歳未満という年齢制限があるようなので、気になる方は医療機関に問い合わせましょう。
RSウイスルは症状は風邪とかわりません。しかし、赤ちゃんは命の危険もともなうウイルスです。

特に注意が必要なのは親です。
大人が発症して気づかずに移してしまう…ということもあります。
大人が発症したときも簡単に風邪と思わず、大事な子どもに移さないよう注意をしましょう。

 

RSウイルス – Wikipediaja.wikipedia.org

via:Wikipedia

RSウイルスが赤ちゃんに感染?親が知っておくべき咳や下痢、熱などの症状や予防法まとめ|WELQ [ウェルク]特に赤ちゃんの時って急に高熱が出たりして、目が離せませんね!そんな赤ちゃんが最も感染しやすいウィルスがrsウィルスだとご存知でしたか?赤ちゃんの保護者なら知っていて損のない症状や予防法をまとめましたので、どうぞご覧下さい…welq.jp
via:WELQ [ウェルク]