仕事をするにあたって、障害者が成果をあまり出せず、健常者と比べて生産性の面で劣るかもしれないであろうという事は、事実なのかもしれない。

なぜなら、健常者と違い障害という壁があるのだから。

しかしながら、それを言ってしまい、それで仕方がないと終わらせてしまっていてなんの意味があるだろうか。

以下はホリエモンの趣旨の言葉の引用文である。

障害者は生産性が低いため、障害者を働かせてしまっては全体で生み出せる富が減るため、結果的に自分も損をする。だから、障害者を雇うのであればやり方を考えよう。

これは、捉え方にもよる文章である。

障害者が頑張っている職場とはどういう職場であろうか。働く職場の雰囲気としては悪くなく、キツイ時にはキツイが言える職場、過剰な労働などがあまりない職場ということなのではないだろうか。

つまり、障害者が長く働いている職場とは、いい環境が整っている職場である。

企業的にも余裕のあるところなのではないだろうか。

そして、このような企業が増えていく事で、周りの健常者も育児休暇や介護休暇、その他の休暇なども取りやすくなるのではないか。

障害者が働ける職場、そのような意味で少しゆとりのある職場を作り上げていくのが結果的に障害者雇用率アップにも繋がるのではないかと個人的に思うのです。

ホリエモン「障害者は働くな。無駄」「多くは社会的にはプラスにはならないよ。したいならやり方を考えよう」に対する…障害者の雇用率が達成できない。障害者採用が上手くいかない。それには明確な理由があります。専門会社よりよく生きるプロジェクトにお気軽にご相談ください。yyip.co.jp

via:よりよく生きるプロジェクト