オリンピックの精神「オリンピズム」には、スポーツを文化、 教育と融合させ、 生き方の創造を探求するものとあり、文化の一つに芸術がある。文部科学省と各企業は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツだけでなく、芸術の分野でも障害者の才能を生かせる環境を整えようと、障害者アーティストの育成に力を入れている。

オリンピズムは肉体と意志と精神のすべての資質を高め、 バランスよく結合させる生き方の哲 学である。 オリンピズムはスポーツを文化、 教育と融合させ、 生き方の創造を探求するものである。 その生き方は努力する喜び、 良い模範であることの教育的価値、 社会的な責任、 さらに普遍的で根本的な倫理規範の尊重を基盤とする。

文部科学省は10月19~22日に東京と京都で開催する東京五輪などのキックオフイベント「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の中で、障害者アーティストの活動を紹介するプログラムを用意した。

ロームシアター京都では、特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品展「アールブリュット展」、東京国立新美術館でのアート展「ここから アート・デザイン・障害を考える3日間」などだ。

「ここから アート・デザイン・障害を考える3日間」には、自閉症の切り絵作家の藤岡佑機さんの作品も出展される。%e5%88%87%e3%82%8a%e7%b5%b5

画像引用:藤岡佑機の世界

藤岡佑機さんの制作風景動画がこちら。

動画では、藤岡さんはハサミを器用に使い、紙に切り込みを入れて作品を作っている。

まさに紙の神

また、企業の障害者アートへの取り組みには、損害保険ジャパン日本興亜が障がい者自立推進機構と連携し、サッカーをテーマにした「SOMPOパラリンアート・サッカーアートコンテスト」を行った。

コンテストでは、1862作品の中から、栃木県立益子特別支援学校に通う16歳の飯山太陽さんが描いた「未来のサッカースタジアム」がグランプリに選ばれた。%e6%90%8d%e4%bf%9d

画像引用:NIKKEI STYLE

「障害者×アート」の分野は、さまざまな日用品や食品、ファッションにも取り入れられ、ますます身近になっている。

障害者アートに対する官民挙げての取り組み。ダイバーシティー社会の実現が加速することだろう。

スポーツ・文化・ワールド・フォーラムスポーツ、文化、ビジネスによる国際貢献やレガシー等について議論するとともに、世界経済フォーラムと連携して開催し、広く日本の魅力を発信することで2020年、そしてその先に向け国際的に機運を高めるための国際会議です。wfsc2016.mext.go.jp

via:スポーツ・文化・ワールド・フォーラム

パラに続け! 文化・芸術で障害者の才能開花後押し|オリパラ|NIKKEI STYLE 東京五輪・パラリンピックに向け、五輪憲章に基づく4年間の文化プログラムが国内各地で本格始動する。その目玉の一つが障害者アーティストの育成だ。パラリンピックを通じて、共生社会の実現を目指すことは2020年の日本にとって一…style.nikkei.com

via:NIKKEI STYLE

via:公益財団法人 日本オリンピック委員会

via:藤岡佑機の世界