fbpx
2022/010/10:フリーペーパーvol.79発刊!

鹿児島市のバス事情について僕が思う事

鹿児島市で生活するにあたって

鹿児島というところは昔から「車がないと生活出来ない」というのが定説でした。しかし鹿児島市では、バスを使うことでだいぶ不便さは解消されると思います。僕は障がい者なので友愛パスを使うことで、運賃は無料でバスに乗れます。鹿児島市の恩恵に助けられています。ただストレスを感じることもしばしばあります。おこがましい事かもしれませんが、少しこのストレスのついて書きたいと思います。

急発進は止めて下さい

バスに乗車して席に座ろうとすると、まだ席に完全に着席してないのにバスが発進することが度々あります。僕はずいぶん前からバスを利用していますが、これには慣れません。出来るだけ早く着席しようと心がけているのですが、運転手さんは待ってくれません。他の乗客の方も同じように慌てる光景をよく目にします。乗客の方によってはバスを降りる際、運転手の方に不満をもらす場面も。バスの中って、ちょっとギスギスしています。それがストレスに僕はなります。

敬語を使いましょう

バスの運転手さんによりますが、乗客の方が敬語なのに、運転手の方は敬語を使わず、それが横柄な態度に見える事がよくあります。運転手さん、怒ってますか?これも僕にはストレスになります。バスを降りた後、ため息をつく事がよくあります。気分が悪いのを引きずってその日がつまらなく思えてしまうことも。人と人との関係です。リラックスしていきたいものです。

バスが揺れる揺れる

僕は病院に行く際、いつもバスを使います。バス、結構揺れます。ちょっとスピードが速くないかと思うことも。もちろんバスは公共の乗り物。スピード違反などはないかと思います。大きい乗り物ですからね、揺れるのは仕方ないかもしれません。途中、山道があるのですが、そこが乗っていると結構怖いです。バスに乗るたびにストレスを抱え、正直あまりバスは好きじゃないです。でも仕方ないです。乗りたくなくても移動手段は限られているので。病気になった為、仕方ないです。

病院で降りる時に思う事

運転手さんの中には人あたりが良い人もいます。停留所で降りる人に対して「ありがとうございました」と挨拶する運転手さんもいます。しかし僕の病院の停留所では、その挨拶が無くなる事がもっぱらです。病院のイメージが悪いのか、病院に通っている人々のイメージが悪いのか、どちらかは分かりません。少し悲しくなります。

友愛パスってイメージが悪い?

病院へ行く時以外も、友愛パスを使って出かける事があります。他の乗客の方は現金や敬老パスを使っています。友愛パスは運賃はかかりません。その為か、降りる時の運転手さんの態度が、他の乗客の方に比べて、素っ気ないのを日々常々感じます。まるで疎ましく思われているように。もちろん友愛パスを使っているからといって優遇されたいわけではないのですが、せめて普通に人並みに接してほしいと思っています。

それでも今後もよろしくお願いいたします

どうしても愚痴を書いてるようになりましたが・・・。それでも今後もバスに乗る事は避けられないのが現状です。そして運転手さんの中には本当に親切で丁寧な対応の方もいる事も記述しておきたいです。そういう方のバスの降車後は気持ちも晴れやかになります。バスの運転手という職業はとても大変だと思います。毎日お疲れ様です。僕も気持ちにゆとりを持って、バスを使っていけたら良いなと思います。今後もよろしくお願いいたします、運転手さん。読んでいただきありがとうございました!

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。