fbpx
2020/11/10:フリーペーパーvol.56発刊!

奥が深いビックリマン全ストーリーの紹介

かつて大ブームとなった重みの感じられる物語

みなさんは「ビックリマンストーリー」をご存知ですか?
ビックリマンシールは昭和に「ロッテ」が発売し、社会現象を巻き起こすほどの大ブームとなり、ストーリーも作られ漫画やアニメの誕生となりました。

しかし、ストーリーの認知度は漫画やアニメの見逃しなどにより大きく下回ってしまい、大多数の方々がもう一度ストーリーを把握したいという概念を持ち合わせています。

そこで今回、「ビックリマン全ストーリー」を簡易に紹介したいと思います。この記事を読むことにより、昔ぽっかりと空いた記憶の穴をきっちりと塞ぐこととなるでしょう。

聖神ナディアが表層界を創る

はるか昔、神の頂点「超聖神」と妻「メディア」・娘「オリン姫」・メディアの親友「ナディア」など神系の住む「源層界」があり、メディアとナディアはこれから「天使」・「お守り」・「悪魔」の誕生する「命の木」の守護を命じられていた。

ある日、源層界で火山爆発が起こり、ナディアは必死に命の木を守ったが、メディアは自身の子供のみを守った。超聖神はメディアに激怒し、「異聖メディア」と名付け、源層界から追放し、メディアは外界に自身の世界「曼聖羅」を創造した。

その後、超聖神はナディアを聖神にした。源層界の統治と「天使」・「お守り」・「悪魔」の住処の創造を命じられたナディアは、ある空間に「表層界」の世界を創った。

超聖神とナディアとの間に光の子「スーパーゼウス」と闇の子「ブラックゼウス」の双子が誕生し、「シャーマンカーン」にスーパーゼウスを、「始祖ジュラ」にブラックゼウスを預け、表層界の指導者として育て上げることとなる。

天使と悪魔の戦いは始祖ジュラから始まった

ブラックゼウスを育てていた始祖ジュラは、シャーマンカーンがひいきされていると思いこみ、表層界を支配しようとブラックゼウスを自身の体内に取り込んでパワーアップし、悪魔を集めた「悪魔軍」を作って天使とお守りを攻撃した。表層界は「天聖界」・「天魔界」へと割れ、生じたカケラで「天地球」ができる。

天聖界の指導者(ヘッド)スーパーゼウスは悪魔軍に対抗する「天聖軍」を作り、悪魔軍を追いやって始祖ジュラを倒した。

破れた悪魔軍であったが、闇の集中する世界「大魔テーション」を治める源層大魔性「ダークマター」によって、次期悪魔ヘッド「スーパーデビル」が誕生する。

新天地を求め、新しい世界へと旅立つ

悪魔軍を恐れた天使たちは、新しい世界「次界」への移住を計画し、次界への道を切り開くために誕生した聖神子「聖フェニックス」と、守護となる7人の若神子たちは次界へと旅立つこととなる。

天魔界では、悪球を生み続ける「魔胎伝ノア」によってNo.2ヘッド「サンタマリア」を誕生させた。サタンマリアは「聖戦衣化」となった聖フェニックスとの戦いで敗れるが、6人の老天使から「六聖球」を奪ってパワーアップする。

ブラックゼウスが復活する

傷の癒しで眠っていた始祖ジュラは過去へ行き、自身を吸収してパワーアップするが、天使「クロスエンジェル」の「黄金クロス砲」によりボロボロになる。その体内から悪魔となったブラックゼウスが脱皮した。しかし、天聖軍の作った聖ボット「ヘラクライスト」によって、見事倒される。

次界を目指すフェニックス一行は天聖門へとたどり着くが、天使の理力を魔力に変える「魔肖ネロ」が現れる。ネロは天使たちの放つ理力を吸収して巨大化していくが、巨大化しすぎて体が崩壊し、若神子たちは「神帝」へとパワーアップした。

悪魔軍ゾーンは苦しみがいっぱい

天聖門の先は天使の理力が効きにくい「無縁ゾーン」が広がっており、悪魔軍によって痛めつけられるが、フェニックスは聖神ナディアの放つ聖なる力「聖心パシー」を受けて「ヘッドロココ」へとパワーアップし、悪魔をやっつけた。

無縁ゾーンを脱出したロココたちは、魔胎伝ノアの作った全てのパワーを悪魔パワーに変える「悪球エリア」に引きずり込まれる。そこで、ロココたちと魔胎伝ノア・娘のサタンマリアとの戦いが始まり、魔胎伝ノアはマリアを「ワンダーマリア」へとパワーアップさせるが、惨敗に終わる。

たどり着いた「次界」に待ち受けているのは?

ロココたちは悪球エリアを抜けて念願の次界へたどり着くが、使命を果たしたロココは命を引き換えにヤマト神帝に全エネルギーを送り「ヤマト爆神」にパワーアップさせ、自身の魂を爆神の頭上に浮遊させた。

次界の第一エリアは、重力の向きがランダムに変わる「次動ネブラ」エリアだった。そのエリアを統治する女王「ダークヘラ」はマリアによって悪魔に変えられ、悪魔基地「魔幻モデル」を建造する。

爆神たちは魔幻モデルへと攻め入って勝利を収めた。その後、ダークヘラは元に戻り、魔幻モデルを破壊して聖域化し、そこに、天使・お守り・悪魔の仲良く暮らせる「セントフラダイス」を建設した。

さらに強力になるマリアに対し、自身の地位に危機感を持ったスーパーデビルはダークヘラを倒さなかった理由に天魔界から追放させた。

ワンダーマリアが天使になった!?

第二エリア「ウィズダムベルト」に到達した爆神たちの前に、超強力な悪魔「魔統ゴモランジェロ」が現れ、ヤマト爆神たちを苦戦にさらす。

爆神たちの危機を感じた聖神ナディアと愛然かぐやは、ロココの魂を「アンドロココ」として復活させ、ゴモランジェロを倒させた。その後、ロココはマリアと長期戦になり、決着をつけるためマリアを奥のエリア「久遠エリア」におびき寄せる。

スーパーデビルは極秘でセントフラダイス真下に悪魔の地下帝国「リバースエンパイア」の建造をしていたが、建造計画がバレたことを知り、悪魔軍を率いてセントフラダイスに総攻撃をかける。

総合撃の最中、見捨てられたマリアはスーパーデビルの空きをついて六聖球ソードで刺して瀕死を負わせるが、ソードに埋まった六聖球が飛び散り、大異変の渦の中へと落ちてしまう。それを爆神たちが拾に行くが渦に巻き込まれ命を落とし、全理力を使ってロココを「ラファエロココ」にパワーアップさせ、上空に「レインボール」となって輝いた。

ようやく戦いが終わって「聖魔和合」に…

第三エリア「久遠エリア」に来たマリアは、天使と悪魔の戦いは大異変を悪化させ世界の崩壊へつながることに気づき、ロココの説得で悪の心を捨て、天使「シヴァマリア」へと変わる。

天使と悪魔の睨み合いの最中、「これは仕組まれた戦い」とマリアが言い渡すと、天からナディアが現れ、「もっと強大な敵に立ち向かえるよう、天使と悪魔の戦いを仕組みました」と事実を述べた。天使・お守り・悪魔たちは戦いをやめ、みんな仲良く暮らす「聖魔和合」となった。

その後、ラファエロココとシヴァマリアは「ファジーマリアロココ」に融合となり、源層界へ去っていく。この聖魔和合により、ファジーマリアロココから誕生した「ピア・マルコ」や亡き神帝たちの理力で生まれた5人の女戦士「メイドイン戦士」など、天使でもお守りでも悪魔でもない新しい種族「次代」が誕生することとなる。

まとめ

ストーリーを見ることで、役割や生涯など各キャラの価値観が鮮明にわかってくるようになり、さらにビックリマンシールに愛着が湧くこととなります。

当時のように、またビックリマンシールの大ブームとなることを心から祈っております。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。