fbpx
2021/09/10:フリーペーパーvol.66発刊!

コミュニケーションこそが言語の目的です!!

多言語でコミュニケーションとる

私の生活の中で、10代後半から20代中盤にかけて、しばしば外国人との交流をする時期がありました。その中で私が学んだことと言うと、仮に言葉が通じなくてもコミュニケーションをすることを恐れない、自分からコミュニケーションを取りにいくということでした。

私が普通の日本人と違うのは、外国人の方から言われましたが、私の英語が通じる通じないに関わらず、どこの国の人に対しても恐れず不安がらずにコミュ二ケーションを取ってきたということです。
初めの頃は、私も大した英語力ではありませんでした。しかし回数を重ねるにつれ、沢山のコミュニケーションをこなすにつれて、話せば話すだけ私の英語力・国際力は上がってきました。

海外の人々のコミュニケーションを経て見た・感じた世界

私は、学生時代に運良く海外に行く機会がありました。しかし、その後も日本にいながらも多くの外国人とのコミュニケーションを取れましたし、様々な国の情勢・情報も聞きことができました。その頃から今でも付き合いのある外国人の親友もいます。
思いつく限りの国の人たちとのコミュニケーションを経て、私には様々で一風変わった私にはありがたい思考が生まれました。

それは、人生の楽しみ方であったり、暮らし方の自由。限りなく今の暮らしにも役立つ考え方であり、財産となっています。

今、現在の日本では当たり前のことではありますが、ご飯を3食きちんと食べられることであったり、時として戦争のない平和な世の中であったり、シャワーを安心して浴びれること、水が安心して飲めることであったりもします。

外国人とのコミュニケーション

大抵日本にいる外国人の方たちは、ある程度の日本語を話すことができることが多いです。それは、もちろん日本で暮らしていくには、少々の日本語力は必要だからです。

英語がネイティブの外国人と英語で会話をするのは英語を母国語としない外国人と英語で話すよりは少し難しいかもしれません。英語がネイティブの外国人は流暢な英語で話したり、スラングなども織り交ぜて話をしたりするからです。なので、ネイティブスピカーと話すときにはある程度の語学力が必要になることでしょう。

しかし、英語を母国語としない外国人と話すときには、相手も英語が第2外国語であったりするので、お互いに言葉の探り合いや聞き返しが容易になるのです。

ネイティブも、話すときにちゃんと聞き返すと分かりやすい英語では教えてくれたり、意味を英英辞典のように簡単な英語で説明してくれたりします。

コミュニケーションこそが言語の目的

日本語にしても英語にしても中国語にしてもフランス語にしても、人はコミュニケーションを取るツールとして人間は言語を使います。コミュニケーションを取るために言語が必要なのです。もちろん、言語なしにコミュニケーションが取れるのならそれでも構わないと思います。要はコミュニケーションが取れれば良いのです。

言語を使ってのコミュニケーションは特に外国人とばかりとは限りません。日本人同士、職場の人間や仲間内、恋人同志の中でも言語は大切なツールとなります。言葉を使い、顔と顔向きあってのコミュニケーションなしには人と人との距離を詰めることはなかなか難しいことでしょう。

今回、例として英語や外国人を挙げはしましたが、会社でも取引先でも家庭内でもコニュニケーションって必須ですよね。新型ウィルスの中、なかなか困難なことも出てくるとは思います。

あなたは大事な人との言葉でのコミュニケーションができていますか。コミュニケーションは何より大事です。
言葉の目的はコミュニケーションです。

コミュニケーションを大切に。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。