fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

思い出の味が…小さい頃によく食べていたお菓子が消えた!

みなさんが小さい頃に食べていたお菓子は?

みなさん小さい頃によくお菓子をお小遣いで買ったり、親に買ってもらったりした思い出があると思います。
そんな子供の頃に食べていたお菓子が生産終了の発表が続々出ています。
私が小さい頃によく食べていたお菓子は、5/8チップスやおっとっと、ベビースター、ペコちゃんのチョコレート、ツインクルチョコレートなど色んなお菓子を食べていました。

生産終了のお菓子

駄菓子の『ラーメンババア』『ぐるぐるゼリー』『のむんちょゼリー』などの生産終了のお知らせをTwitterで知りました。
最近お菓子や駄菓子の生産終了の知らせをよく耳にします。
その他にスナック菓子のカールや、やたらながーいグミ『史上最長の超ひもQ』うまい棒のチキンカレー味なども生産終了しました。

若者のお菓子離れが問題

最近では、若い人のお菓子離れが問題になっています。
前に若者のお菓子離れについて記事を書いたことがあります。
その時の記事では、若者のお菓子離れはスマホの普及でお菓子をつまむと手が汚れたりするのでお菓子を食べることが少なくなったと書いていました。
しかし、スマホがすべての原因ではありません。
時代が変わり、お菓子の消費行動が変わり売れ行きが落ちているということも考えられます。

お菓子にも変わった味がたくさん

何十年とロングセラーしているお菓子はたくさんありますが、お菓子というものは常に新しい味を求められています。
最近では、変わった味のお菓子がたくさん発売されています。
生ハムとメロン味のカプリコや、パインアメ味のポテトチップス、じゃがりこは毎回面白い味を出しています。
最近では、昆布しお味や福岡名物のごぼ天うどん味など色んな味が出ています。

小さい頃に食べていたお菓子がなくなるのは残念

思い出の味がなくなってしまうのはすごく残念です。『あのお菓子を食べたいけどもう食べれないんだな』と思うと少し寂しくなっていましますが、また復刻版などが出てくれたら嬉しいなと思います。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。