fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

長引く風邪との戦い

抵抗力が落ちている?

昨年末からよく風邪をもらいます。昨年はインフルエンザ、今年は激しい咳と倦怠感、体の節々の痛みなどが長く続く風邪。1週間くらいして、「こりゃ新型肺炎をもらったんじゃなかろうか」と思ったくらいきついです。

街なかはどこも危険地帯

私は移動手段が徒歩かバス、市電しかないので、そのどれかの行程でも移る可能性があると思います。バスも電車も閉鎖空間ですし、行き先の天文館は南九州一の繁華街でいつも人が溢れています。一応マスクで防御はしていますが、人の多いところでは役に立たないみたいです。

治るまで引きこもりたいけれど

頼みの綱のマスクの備蓄が切れて、どこに行っても品切れ。
せめて家の中だけでも清浄にしてとアルコールスプレーを探したのですが、なかなか見つかりません。仕方がないので、アルコール入りの「住まいの臭い消し」を買ってきて使っていますが、果たして効果があるかどうか。

その他、風呂のドアを開けっ放しにし、前日の残り湯を捨てずに室内の湿度を上げて、エアコンもガンガンかけて室内湿度を80%でキープしていますから、どんなウイルスも飛翔能力を失って床に落ちているはずです。毛布に包まって椅子に座っていれば、ウイルスの影響下からは逃れられそうです。

いざというときの食料備蓄

すでに被感染者(移った被害者)からスプレッダー(人に移す加害者)にフェーズが移行している可能性があるので、薬を飲んで引きこもっていたいところですが、日々の生活はそれを許しません。仕事にも行かないといけないし、3日に1回の買い物を週1回に減らして、なるべくお客さんの少ない時間帯を選んだり…食品はどうしても動けないときを想定して日持ちがきいてレンジアップ可能な冷凍食品にしたり、インスタントで1ヶ月分を買い込んで備蓄しています。でも、今ではその備蓄を取り崩している状態です。

眠気、吐き気との戦い

病院でもらう薬には多かれ少なかれ、睡眠薬が入っています。これが効き過ぎて昼間に強い眠気が襲ってきます。今こうして原稿を書いている間でも睡魔が忍び寄って、はっきり言えば仕事になりません。風邪薬に加えて糖尿病と統合失調症の薬も飲むので、一度に飲む薬の量はおびただしいものになります。どれも結構きつい薬なので胃が荒れて強い吐き気も感じます。

マスク転売厨との戦い

昨日、コンビニで1袋7枚入りを奇跡的にゲット。これで1週間はしのげます。高額転売についてはヤフオクやメルカリでは規制を入れ始めたみたいですが、アマゾンのマケプレでは完全に野放し。例えば30枚入りBOXを原価割れの100円で出品、安さにつられて注文画面で送料の確認をすると商品込みで12,500円。どういう計算をしたら送料が12,400円もかかるのか。こんなので今アマゾンは大変なことになっています。

パニック収束後は

まぁ、もうすぐ安定供給が始まるはずですから、他人の健康を人質にするようなひとは、買い占めた不良在庫を抱えてしまえ、というのが私の今の率直な思いです。おそらくですが、ぼちぼちと店頭に並び始めて買い占める意味がなくなった頃には、各地のゴミステーションに大量の未開封のマスクが捨てられ、それが社会問題化するでしょう。

深夜のゴミ捨て場にTV局やユーチューバーが張り込んで、売れなくなったマスクの山を捨てに来た転売厨に「情け容赦なくwww」カメラを向け、「無慈悲なwww」質問攻めにあわせるでしょう。チューバーは転売厨の顔を加工無しでUPして、それを見た「ようつべ探偵団」がその日のうちに転売厨の名前はもちろん、自宅や勤務先まで調べ上げて晒します。私利私欲で社会に迷惑をかけた者には、相応の社会的制裁を受けてもらいたいと思います。

なんとか

体調はどうか?と聞かれれると「ぼちぼち」と答えられる程度には回復しました。マスクが手に入らなくてハラハライライラしていますが、風邪の山は超えたのかな?この調子だと、完全復活は近いでしょう。長い2ヶ月でした。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。