大会真っ只中のリオ2016パラリンピック。
現在、東京都の都営地下鉄大江戸線では、各22駅の構内にて、パラリンピック競技を紹介する展示「NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」を行っています。

ご覧になった方も多いのではないでしょうか?駅構内はもちろん中吊り広告もパラリンピックモードですね。

先日大門駅を見てきたのですが、大門駅は通路が車椅子バスケットコートになっていました!ホームにもデジタルサイネージが増え、通路のディスプレイも大きく大音量でインパクト大。
それぞれのコピーも印象的でした。

なによりデジタルサイネージに映る車椅子バスケの選手が実物大サイズということもあり、その動きと音により、駅を歩いているだけでまるで自分が実際にバスケットコートにいるような疑似体験ができます!

西新宿は水泳、練馬は乗馬というように、各駅で広告展示はもちろん実物の競技用車いすやボッチャ、カヌーなどパラ競技22種目について実物などを展示しています。

ph_carousel_1-2

画像引用:NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム

通勤や通学途中の人にパラリンピック会場に足を運んでもらうために、まずは競技にはどんなものがあるのか、ルールはどうなっているのか関心を持ってもらうきっかけになる。

従来の広告とは異なる、AR(拡張現実)を使用した広告やユーザー体験のできる疑似体験型広告も、2020年の東京五輪に向けますます日本中に増えていきそうですね。広告の見せ方と共に、駅構内のバリアフリー化にも期待です。

ただ、まだまだこういった世界的イベントの広告も、私たち地方在住者にとっては残念ながら縁遠いもの。駅中を歩いていても都心部に比べ全くといっていいほど「パラリンピック感が無い」のが本音です。東京五輪ではきっと、日本中がオリンピック・パラリンピック一色になることでしょう!!

それまでには私たちの住む鹿児島でも、SuicaやPASMOが当たり前に使えていることを願います(切実)。ローカルバス・路面電車運転手の車いすユーザーに対するスロープ設置等を含む対応のスキルアップも頑張ってほしいところ。楽しみなiPhone7のFelica対応・Apple Payでのお買い物によるシームレスな生活も、バリアフリーと呼べるのではないのでしょうか…鹿児島県!(小声)

ちなみに大江戸線の「NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」は9月21日(水)まで。お近くの方は是非ご体感ください!

NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム都営大江戸線内の22駅において東京2020パラリンピック競技大会での実施競技をより身近に、より魅力的に体感できる企画展示を行っています。nls-oss.tokyo

via:NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム

大江戸線もパラリンピックモードへ。リオパラリンピック、注目の日本人選手は? | ハーバービジネスオンライン日本時間の9月8日にリオ2016パラリンピックが開幕する。東京都の大江戸線は、8月25日から都営地下鉄大江戸線22駅の構内で、パラリンピック競技を紹介する展示「NOLIMITSSPECIAL大江戸ス…hbol.jp

via:ハーバービジネスオンライン