fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

梅宮辰夫さん死去、慢性腎不全のため81歳…各メディアが伝える

梅宮辰夫

梅宮 辰夫(うめみや たつお、1938年3月11日 – 2019年12月12日)は、日本の俳優・タレント・司会者・実業家。身長174cm、血液型はA型。所属事務所は株式会社グッディ(東京・赤坂)。娘はモデル・タレントの梅宮アンナ。愛称は「辰兄(にい)」「辰っちゃん」。

東映ニューフェイスとしてデビュー。 飲食事業の経営やバラエティ番組にも進出。料理の腕前や軽妙なトーク、体を張ったコントや夫婦揃っての共演、家庭の様子がたびたび紹介されていた。

イメージ

私の知っている梅宮辰夫さんと言えば、ダウンタウンなどが出ているテレビ番組に出演して「辰兄、辰兄」などと親しげに呼ばれながら、ど突きまわされている所が頭に思い描かれる。

本人曰く、ダウンタウンの2人とはだいぶ親しくしていて心許すなかであったらしい。ダウンタウンの2人も芸能人の先輩の中にあんな先輩がいてくれると助かると漏らすような仲が出来ているらしい。

そして、私の知っている他の梅宮辰夫さんのエピソードと言えば、娘、梅宮アンナとアンナが大人になるまで、なってからも??一緒にお風呂に入浴するなどのほのぼの、驚きエピソードなどもある。

若い時に芸能界でどのような働きぶりをしていたかに興味が湧くものである。

若い時の辰兄

今、梅宮辰夫さんが亡くなられ、その若い頃の画像が流出しイケメン過ぎと話題になっているそうです。

梅宮さんは大学生の頃に『東映ニューフェイスの5期制』のオーディションを通して芸能界デビューしたそうです。

最初は浮かず飛ばずの生活でしたが、大転機が訪れたのは東映の売り出しスターの急死をきっかけに『次世代のスター』として売り出され活躍していったそうです。

その後、任侠映画やアクション映画、ポルノ映画で人気を博していったそうです。

ポルノ映画は本人が大の女好きだったからという噂もあります。

プライベートでもその女遊びの豪遊ぶりが有名で、当時から兄貴的存在として人気があったみたいです。

娘 梅宮アンナ

梅宮辰夫さんの娘でモデルの梅宮アンナさんが12月13日、逝去した父との若いころに撮影された家族写真をInstagramに複数枚アップ。ファンからは、かつての辰夫さんを思い出し「家族愛が溢れているお方でした」としみじみする声が寄せられているそうである。

12日にブログを更新し、この数年、闘病生活を送る中、変わっていく父に涙したことなどを明かし、「今は、きちんとした言葉が見つかりません。皆様の前に出て、マイクを向けられて、きちんと、理路整然と話すには、少し時間が必要だと思いました。。。少しだけ時間を頂けると幸いです。。」と、悲しみの最中であることをつづりました。

13日には、何も言葉を添えず若いころの家族写真が投稿されています。少女時代のアンナさんに辰夫さんが寄り添っている1枚や、一緒に釣りをしている写真を掲載。母に抱っこされた乳児のアンナさんに辰夫さんが手を添えている家族ショットなどが公開されています。

闘病中も含め、長い間家族として辰夫さんを支えてきたアンナさん。今は亡き辰夫さんとの心あたたまるような写真の数々に、ファンからは冥福を祈る声とともに「アンナちゃんを大切に育てたお父さまは本当に素敵です」「惚れ惚れする程カッコいいパパ、家族愛が強く義理人情に厚いパパが大好きでした」と、ありし日の辰夫さんの姿を思い返す声も。また、「写真からも愛されてるの伝わりますね」「お父様がずっと守ってくれると思います」と、アンナさんに寄り添う声もあがっています。

芸能界の大物俳優梅宮辰夫さんの死を悼み多くの人が見送る中、また昭和の大物俳優が天国へと旅立たれていきました。テレビの中で昭和、平成、令和を大いに湧き立たせた辰兄に哀悼の意を込めて・・・

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。