fbpx
2019.10.10:フリーペーパーVol.43発刊!

髪で音を感じる「Ontenna」スポーツやフェスの臨場感も

ろう者に音を届ける「Ontenna」7月からサービス開始

音の特徴を髪の毛などから伝えるユーザーインターフェイス「Ontenna(オンテナ)」。ヘアピンのようにつけると、振動と光によって音を感じることができるとのこと。先日、富士通が2019年7月から Ontenna の販売とこのデバイスを活用したイベント支援サービス提供を開始すると発表しました。

Ontennaとは

ろう者と健聴者が、共に楽しむ未来を目指して、協働で開発してきた Ontenna。コンセプトは、”まるで、ねこのヒゲが空気の流れを感じるように、髪の毛で音を感じることができる装置”

ちなみに、”ねこのヒゲ” は触毛とも呼ばれ、獲物のいる方向や距離感、動きを察知することができるそうですよ。

Ontenna の仕組み

Ontenna には、マイクとバイブレーター、LEDが内蔵されています。つくりは案外シンプルです。マイクが音圧を検知して、256段階の振動と光の強さに変換。音のリズムやパターン、大きさを髪の毛から伝えるという仕組みになっています。

音を聴覚以外で感じる

髪の毛から音を感じると謳っている Ontenna。髪の毛以外にも、耳たぶや襟元、袖口に装着しても大丈夫。振動の大きさや強弱、光を感じられるところで、挟む場所さえあれば(裏はクリップ上になっているので)どこでも装着可能です。

音を聴覚以外で感じる…その発想ありませんでした。振動や光でリズムや強弱を感じることができれば、音を感じることができるんですね。確かにダンスをするとき、音は聞こえなくても、リズムやパターンが分かれば動けちゃうっていいますもんね。

イベントの臨場感を体感できる

富士通は、7月から Ontenna を活用したイベント支援サービスを展開していくと発表しています。スポーツや音楽フェス、映画、eスポーツなど、多くのイベントで聞こえなくても臨場感を楽しめる!そんな時代がもうすぐ来ます。

興味のある方は「Ontenna 展」へ

2016年にグッドデザイン賞  [ 未来づくり ]  を受賞している Ontenna。6月12日から GOOD DESIGN Marunouchi「 Ontenna 展 感じること、それが未来。」が開催されています(6月20日まで)。

「 Ontenna 展 感じること、それが未来。」では、 Ontenna の体験はもちろん、これまで行ってきたろう学校での取り組みやスポーツ・音楽イベントでの活動紹介、トークイベントなどが開催されるそうです。

音は耳で聴くものと思い込んでいました。でも、触覚で音を聴くことができるんですよね。この楽しみ方は、ろう者にもとっても健聴者にとっても新鮮なのではないかと思います。

ぜひ、 Ontenna を活用して、新しい音の世界を楽しみましょう!

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。