fbpx
2019.10.10:フリーペーパーVol.43発刊!

従業員にやる気を起こさせる「モチベーション」活用法

やる気を起こさせる「モチベーション」活用

突然ですが、「モチベーション」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

私は以前、月に1回ある報告会議で「モチベーション」という言葉を初めて耳にしました。調べていくうちに興味を持ち、リーダー業務に欠かせない存在となったので、プライベートで記事にしました。

「モチベーション」の意味

「モチベーション」とは、人を行動に移させる「動機」や「やる気」のことを言います。

例えば、袋に包まれたまだ封が開いていないペロペロキャンディと、人が舐めたペロペロキャンディがあるとします。あなたはどちらを貰いたいですか?

大抵は清潔感のある前者を選ぶかと思われます。この「清潔感」により動機「モチベーション」が生まれ、「行動」へと移ったのです。

「モチベーション」の重要性

この動機「モチベーション」を逆に考えると、人を思いがままに動かせることが可能です。

例として、かなり面白く強い印象のあるTVCMや新聞広告などが挙げられます。この「モチベーション」の操作が盛んに行われているのは「企業」でした。

企業の需要は、主に従業員たちから生まれ、従業員たちのやる気次第で需要が上昇したり降下したりするのです。需要を伸ばすためには「上司」が従業員たちのモチベーション「やる気」を上げなければなりません。

「モチベーション」の方向性

人それぞれ「性格や好み」、「考え方や技術」など一人一人異なり、それぞれ違う行動をします。

例えば、協調性があり他の方へ付いていくタイプ、人との接触に疲れを感じあさっての方向へ行くタイプ、面倒くさがりで調べもせずに自分の考えや感で動くタイプなど様々な方々がいらっしゃいます。それによりモチベーションも違ってくるのです。

「モチベーション」の向上方法

初めて入った従業員や熟練した従業員関わらずモチベーションが違いうので、仕事の効率や集中力向上のためにモチベーションを上げる必要があります。

叱ると褒める

「叱る」と「褒める」方法や度合いを間違えるとモチベーションを下げかねません。

「叱る」方法として、問題を起こした理由や悩みなどを聞き、上司と従業員のお互いの力で正しい方向へと改善させるのが理想です。

しかし、「怒る」行動はいけません。怒る行為はモチベーション「やる気」の皆無となるので、従業員の行動に腹を立てずにモチベーション向上を考えましょう。

従業員の認知

従業員によっては叱るとモチベーションを下げてしまうので、従業員別に「性格」、「興味」、「得意分野」、「学歴」、「持病」などのステータスを調べ、モチベーション向上となるように各自「叱る」と「褒める」方法や度合いを調整しましょう。

ステータスの認知方法として、業務を見たり、コミュニケーションを取ったり、履歴書を見たりする方法があります。

コミュニケーション

上司と従業員の間に交流がないと、お互いに相手の考えが理解できず恐怖を感じてしまい、様々なトラブルを起こしやすくなります。それにより指示に従わくなったり、やる気が無くなったりと、上司や従業員のモチベーションを下げかねません。

トラブルとならないよう、上司と従業員とでコミュニケーションをよく取り、みんなの意見も取り入れた指示をしましょう。

エピローグ

人々のスキルが重要となる現在、作業効率の降下による従業員の解雇が頻繁に起こっています。上司や従業員にとってプラスとなるモチベーション向上は企業にとって重要な存在なので、お互いに楽しい業務となるようコミュニケーションが大事ではないでしょうか。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。