fbpx
2019.06.10:フリーペーパーVol.39発刊!

豪華すぎる!1981年のNHK紅白歌合戦を観てみた

色んな歴史が見れる紅白歌合戦

去年のNHK紅白歌合戦は、平成最後ということでサザンオールスターズや松任谷由実さん、北島三郎さんなどとても豪華なメンバーでの紅白でした。
私的には、松田聖子さんのメドレーがとても嬉しかったです。

紅白歌合戦の歴史

1951年(昭和26年)第一回の紅白歌合戦は、ラジオから始まりました。時間も8時から9時までの1時間程度。
12月31日ではなく、1月3日の年始に開始だったそうです。
1954年(昭和28年)の第四回では、テレビ放送が始まりました。
第一回の紅白の出場歌手組は、紅6組白6組でしたが、第二回から12組になり、第四回から17組、去年は22組の出場になりました。

今ではあまり見られない光景

この時の紅白歌合戦は、日本野鳥の会の人が審査員をしていました。81年から日本野鳥の会の客席審査が始まったそうです。
会場にいるお客さんや、視聴者が審査などはありますが、今ではないあまり見られない光景ですね。

出場歌手が豪華すぎる

1981年の紅白歌合戦の出場歌手が豪華すぎます。
河合奈保子さんや近藤真彦さん、田原俊彦さん、松田聖子さん、高田みづえさん、西城秀樹さんなど豪華な顔ぶれです。
こんな豪華な紅白歌合戦、今の時代にもあってほしいな〜と思いました。
紅組司会者は黒柳徹子さん、白組司会者は山川静夫さん。と80年代を彩る豪華な紅白です。

歌う曲も知っている曲ばかり

紅白を見ていると、今のように難しい曲は分からなくて、いつの間にか置いてけぼりになってしまうんですが、80年代の紅白歌合戦を見ていると知っている曲ばかりで、見るのも楽しくなります。口ずさみながら、作業をしていると紅白歌合戦の動画に集中してしまいます(笑)

いつからか遠い紅白になった

今の紅白をみても○○とコラボレーション!ばかりで正直つまらないです。
新しい歌手なんてあまり分からないし、一緒に見ているお祖母ちゃんでさえ『最近の紅白は面白くない』と言っています。
なんだか、存在が遠い紅白になったなと思いました。
正直、演歌枠がとても少ないんです。若いアーティストに占領されているような感じがします。
もっと演歌枠を増やしてほしいです。若い人からしてみれば、『紅白に演歌はいらない』
って言いますが、演歌は日本の誇りです!!!演歌がなければ紅白歌合戦ではありません!

NHK紅白歌合戦は年末の楽しみ

私の年末の楽しみといったら、年越しそば、除夜の鐘、そしてNHK紅白歌合戦です。みなさんにとって年末の楽しみはなんですか??年末でもないのに紅白の記事を書いていますが、80年代の紅白はとても豪華で素晴らしいことを伝えたかったのです!日本に紅白歌合戦があってよかったなと思いました。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。