fbpx
2019.08.10:フリーペーパーVol.41発刊!

少額からスタート!ロボ投資長期運用のススメ

年金は正直不安、投資も不安ばかり、結局銀行に貯蓄

最近では、沢村一樹さんのCMでご存知の方も多いロボット投資。
みなさんはどのように考えていますか?

支給額がやや下落しつつある国民年金、厚生年金。不安を抱える方は多いと思います。
投資に興味あるけど、初期投資額が高すぎて手が出せない。仮想通貨流出のような人的災害も怖い。
結局銀行に預けっぱなしで利益ゼロ。そんなサラリーマン生活。

未だ回復していない年金支給額

老後の生活の礎である年金ですが、その支給額は年々微減しています。その理由は「若い世代に年金を回すための政策」とのことです。正直、いかほど信用して良いのかわかりません。

自民党政権の支持母体を考慮すると、機密政策である可能性もありますが、人間のやることなので20年、30年先を見据えた政策といえども安心はできません。

未だ敷居の高い一般の投資

一時期爆発的に流行した仮想通貨取引が記憶に新しいと思われますが、相次ぐ流出事件でかつての隆盛は失ったように見えます。
投資は、一般的に初期費用が高額なため、敷居が高いものです。

それでいて大損することもあり得るとなると、まず必要なのは知識と教養になります。
素人が安易に手を出すと大やけどしかねない。それが投資の世界です。

人工知能が投資を最適化、ロボット投資

最近、トレンドと化している人工知能。投資の世界にもその波は押し寄せています。
ひとえにAIが投資と聞いて、みなさんはどのように思われますか?

「AIがやってくれるのか!期待できそう!」
「AIって大丈夫なの?信用できない」

このように意見は分かれそうです。人工知能が完全な市民権を得ているとは、現状言い切れないような気がします。

常に合理的判断。長期的な利益を最優先するのがロボット投資

結論から言いますと、ロボット投資は長期的な運用をします。ですので、短期的かつ、爆発的利益を追求したい方には向いていません。ただ、AIは年利10%程度の利益を出してくれます。

損はほぼないと言っていいと思います。

仕事に忙しい、それでいて年金とは違う老後保証が欲しいのなら

一番楽で保証もしっかりしているのは、銀行預金であるのは言うまでもありません。
ただ、利益率はないに等しいので、預金の積み増しは老後設計の必須事項になります。

ロボット投資は、年利10%というある程度の水準を満たしてくれます。
ロボット投資も積み増しをしていけば、さらに利益を上乗せできます。
少額から始め、100万円をロボット投資をすれば、年間10万円程度の利益が期待できます。

最終的な判断をするのは自分ですが、老後を年金だけに頼る時代は終わりつつあるのではないかと、個人的に思います。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。