fbpx
2019.03.10:フリーペーパーVol.36発刊!

世界のパラアスリートに迫る「WHO I AM」シーズン3

スポーツドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」シーズン3

東京パラリンピックが開催される2020年まで5年にわたり、世界のパラアスリートたちに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。IPC(国際パラリンピック委員会)と WOWOW の共同プロジェクトも今回でシーズン3に入ります。

毎週木曜日よる10:00から WOWOW にて放送

10月25日(木)よる10:00から毎週木曜日に WOWOWプライムにて放送される「WHO I AM シーズン3」。シーズン3に登場するのは、8名のトップアスリート。

パトリック・アンダーソン(カナダ / 車いすバスケットボール)

 

ニコ・カッペル(ドイツ / 陸上(砲丸投げ))

 

ユスタス・パジャラウスカス(リトアニア / ゴールボール)

 

カディーナ・コックス(イギリス / 陸上&サイクリング)

 

ワッチャラポン・ヴォンサー(タイ / ボッチャ)

 

マケンジー・コーン(アメリカ / 水泳)

 

ナタリア・パルティカ(ポーランド / 卓球)

 

木村敬一(日本 / 水泳)

車いすバスケ界の神様 パトリック・アンダーソン

シーズン3のトップを飾るのは、車いすバスケットボール界で神様と呼ばれている、パトリック・アンダーソン選手(カナダ)です。彼は全てを簡単にこなしてしまう、車いすバスケ界では唯一無二の存在。

家族・バスケ・音楽

車いすバスケ界でNO.1プレーヤーと呼ばれているパトリック・アンダーソン。彼が大切にしているものは、家族とバスケ、そして音楽。この3つが彼の個性を作り上げています。このどれかひとつが欠けても、今のパトリック・アンダーソンの姿はないでしょう。

パラリンピックでは、シドニー、アテネで金メダル獲得、北京の銀メダルを挟んで、ロンドンで再びカナダ代表の金メダル獲得に貢献しました。しかし、ロンドンパラリンピック後、彼はカナダ代表を離れます。その時は車いすバスケを選ばず、音楽活動や家族との生活を優先したのです。

37歳でカナダ代表復帰

リオパラリンピックで12チーム中11位に沈んだカナダ代表。彼の存在の大きさをまざまざと見せつけられました。2020年の東京パラリンピックで、若い選手とともにメダルを獲得するために2017年、パトリック・アンダーソンはカナダ代表に復帰しました。次の世代にレガシィを残すために。

初回は無料放送

世界最高峰のパラアスリートに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。10月25日(木)よる10:00 WOWOWプライムにて放送される「WHO I AM シーズン3」の初回は無料放送になります。

「車いすバスケ界の神様」「生ける伝説」パトリック・アンダーソン選手の生き様をここで目に焼き付けておきましょう。東京パラリンピックでのプレーを観る際、倍楽しめますよ。

via:WOWOW