fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

焦った!!ポケットでスマホを触っていたら緊急SOS!

スリープボタンを連続で押すと作動する緊急SOS!

友人とカフェで喋っていたときの話ですが、僕はポケットに入れていたスマホを触りながら友人と話していました。すると、急に大きなブザー音がスマホから鳴ったのです!「緊急SOS」という表示がされていて本当にビックリしました!

それまで「緊急SOS」機能を知らなかった!

僕はスマホを持ち始めてから結構、時が経っていますが、この時に初めて「緊急SOS」という機能があることを知りました。

iPhone に搭載された「緊急SOS」

ネットなどで調べたところ、iPhone には緊急の際、警察や救急などに知らせることが出来る「緊急SOS」というものが搭載されているようです。

道端で誰かが倒れていたり、家族や身内が急に倒れたり、犯罪や事故などを目撃した時など、「もしものとき」に使うものです。警察や消防、救急、海上保安庁にも伝えられ、位置情報も知らせることが出来るということを知っていると、とても便利な機能だと思います。

スリープボタンや音量ボタンを押し続けるとブザーが鳴る

「緊急SOS」は、スリープボタンを5回連続で押すか、押し続ける。または音量ボタンを押し続けるとブザーが鳴ります。
iPhoneの右上、左上にある両サイドのボタンですね。

カフェで友人と話しているときに「緊急SOS」が発動!

カフェで友人と楽しく喋っていた時、僕はスマホをズボンの左ポケットに入れていました。その状態のまま、左手をポケットに入れ、話をしていたのです。
つい、スリープボタンを音量ボタンを押し続けてしまっていたのだと思います。僕は全然気付いていなかったのですが、カフェの中で突然大きなブザー音が発動! 一瞬、店内は静まり返りました。

スマホ画面を見ると「緊急SOS」との表示があり、「何だこりゃー!!」と思って消そうとしましたが、かなり驚いていたので慌ててしまい、なかなかブザー音が消えませんでした。3回ぐらいキャンセルボタンを押したらやっと消えましたが、店内が変な雰囲気になったためすぐにそのカフェを出て別のカフェに行きました(汗)

意外と、この機能を知らない人は多いみたいです。

間違って「緊急SOS」をしてしまったら?

僕の場合は偶然です。もちろんわざとじゃありません。これまで、こんな機能があることは知りませんでした。友人と別れてから、
「さっきの緊急SOSどうなるんだろう? あとで警察とかから連絡が来るのかな?」
と心配になったぐらいです。ものすごく気にする性格なので…(汗)

いたずらなどで何度も何度も緊急SOSをしてしまったら、警察や消防などから、電話がかかってくるのではないかと思います。もしも何も知らずに間違えて発信をしてしまったら、キャンセルボタンを押せば大丈夫です。万が一相手から電話がかかってきたら「間違えて押してしまいました」と伝えましょう。

iPhone で、このようなケースはよくあるらしく、2017年10月頃には話題にもなっていたようです。

知っていたら便利な機能なのですが、知らずに起動してしまった場合は、慌てずに落ち着いてキャンセルボタンを押してください。
どんどん便利な機能が生まれてくるこの世の中で、他にも知らない色々な機能が、スマホにもあるのかもしれないですね。今回のことで、「スマホには緊急SOSという機能がある」ということを知り、とても勉強になりました。