fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

午前11時の天文館コメダ珈琲はモーニングとランチの間

鹿児島市のコメダ珈琲天文館店、入店は11時05分

午後から会議があったので、ノートをまとめるために天文館のコメダ珈琲に入りました。コーヒーを飲むついでに、昼ごはんも済ませました。

そのとき食べて美味しかった、フィッシュバーガーとコーヒーの味などについて、気の向くままに書いてみようと思います。

くつろげる最適の場所

コメダ珈琲、鹿児島天文館店に入るのは3回目でした。
場所は、鹿児島市最大の繁華街である天文館で一番大きな通り「G3アーケード」のそばにある商業ビルの1階でした。

私が入店したのが11時05分で、ランチタイムを迎える準備として、お店の方がモーニング用の「のぼり」をしまっているところでした。

お昼に全部で1,000円近くかけるのは、庶民にとってちょっと贅沢だとは思います。でも、月に数回ぐらいなら、贅沢してもいいですよね。

コメダ珈琲の雰囲気いいです

天文館でご飯を食べたりくつろぐためのお店はいくつか知っていますが、今回は広いテーブルの上でノートをまとめる作業をしたいと思ったので、コメダ珈琲を選びました。

新聞や雑誌もそろっているし、Wi-Fiも使えるから調べ物にも最適なお店なのです。

「たっぷりアイスコーヒー」

コメダはやっぱり珈琲が美味しいですよね。
昔ながらの喫茶店の雰囲気が残っていて、ものすごくホッとします。

冷たいコーヒーをたくさん飲みたかったから、たっぷり1.5倍のアイスコーヒーを注文しました。

アイスコーヒーとフィッシュフライバーガーを注文

一緒に注文したフィッシュフライバーガーと一緒に、コーヒーを飲みました。

暑い夏はアイスコーヒーがいいですね

金属製のカップはでっぷりとボリュームのあるボディーで、香り高いコーヒーをたっぷりいただけます。冷たいコーヒーが金属カップに入っていると、涼しさが引き立ちますね。

カップに触れる口元も冷たいままだし、香ばしいコーヒーの味と香りが器に邪魔されることなく最大限に引き出されます。

ブラック、ガムシロップ入り、両方入り、全部味わいたかったので

「ミルクとシロップは別でお願いしてもいいですか?」

とお願いしたら、ミルクとシロップは別の小さな容器で添えてくださいました。
コーヒー好きとしては本当に嬉しい心遣いです。

アイスコーヒーに浮かんでいる氷も「ああ、喫茶店の氷だー」と思えるものでした。
空気が入ってないのです。

いろいろ当たり前なのかもしれませんが、カフェに頻繁に来ることもないので、いろいろなことで感動しました。

フィッシュバーガーはタルタルソースで

以前お店に来たとき、友人が目の前で食べていて美味しそうだなと思った「フィッシュバーガー」を、自分も頼んでみました。山盛りキャベツ千切りの上に白身フライとたっぷりタルタルソースがかかって、バンズはふわふわの新鮮なパンのようでした。

作りたてでホカホカのハンバーガーはとっても美味しかったです。
量も十分で、お腹すかせていても大丈夫です。

 

作業を終えたら読書とぼーっとする時間

カフェというより喫茶店という感じ、そこがコメダの素敵なところ。

書きものもはかどります

木造風の内装は落ち着いた雰囲気。
BGMは耳に届く程度の音量に抑えられ、ノートまとめもはかどりました。

12時が過ぎるにつれ、お昼休みの会社員らしき方々も、ちらほら入店してきました。

Wi-Fiを経由してパソコンを開いて作業する人もいました。
備え付けの新聞を読む人も。

さあ、外は最高気温35℃

必要な資料をまとめ終えたので、少し残しておいたアイスコーヒーを全部飲んで外に出ました。

ギラギラ照りつける太陽の下、交差点を渡ってバス停まで急ぎました。