fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

「やるかジジイ!」歌丸さんと圓楽さんの掛け合いで笑った笑点

「やるかジジイ!」「山田くん、楽さんの座布団を全部持っていけ!」がお約束だった

落語会の重鎮、桂歌丸さんが7月2日に亡くなられました。突然の訃報に涙がでました。ご冥福をお祈りします。僕が1番好きだったのは笑点の大喜利のコーナーで歌丸さんと圓楽さんの掛け合いで日曜日の17時30分が楽しみでした。

5代目圓楽さんが司会の頃から好きだった

歌丸さんが司会をする前は、5代目圓楽さんが大喜利の司会を務めていて、緑の袴を着た歌丸さんと当時三遊亭楽太郎という名称で登場していた6代目圓楽さんのやり合いがメチャメチャ好きでした。

2人で司会の圓楽さんをいじって座布団没収はお約束

顔が長いことで「馬」といじられていた5代目圓楽さん。それを歌丸さんや楽太郎さんがお題を与えられていじり、「山田くーん!歌さんと楽さんの座布団を全部もっていきなさい」
というお約束が、観ているこちら側も分かっているけどお腹をかかえるぐらい大笑いしました。

2006年から2016年まで大喜利の司会を務めた歌丸さん

5代目圓楽さんが司会を降板して、次の大喜利の司会を務めたのが歌丸さんでした。
歌丸さんが座っていたポジションに昇太さんが大喜利メンバーに入り、お茶の間を笑わせてくれました。

歌丸さんイジりが本当に面白かった!

よく歌丸さんをイジるのが紫色の袴を着た腹黒いと有名な6代目圓楽さん。(以降圓楽さんと表記)
歌丸さんをお題で死ネタや毒舌がお決まりで、よくそれでケンカというかやり合いとなり、座布団を取られるのがもう大喜利でのお約束でした。

死ネタと聞くと何か嫌な気分になりますが、圓楽さんが歌丸さんを「亡くなられました」とか「ミイラが喋った」などの回答で会場は一気に大爆笑に包まれます。
お客さんや視聴者の皆さんもそれは分かっていることだし、そのネタがくるのを待っているのです。僕もそうです。歌丸さんが圓楽さんを指名したら、「キター!」とワクワクして、そしてお腹を抱えて大爆笑していました。

しかし、2016年5月に笑点・大喜利の司会を降板。春風亭昇太さんに司会をバトンタッチしました。

1番好きだった「やるかジジイ!」のフレーズ

歌丸さんと圓楽さんの掛け合いで1番好きなのは、圓楽さんの「やるかジジイ!」と歌丸さんにまるでケンカを売っているような答えです。これが僕は大好きで、動画でいつも笑って観ています。

圓楽「先輩に逆らって、何が悪いんだ?」
歌丸「悪いさ!」
圓楽「やるかジジイ!」

これだけでもうお腹いっぱいです(笑)

歌丸さんも飛び上がって、「おい!」みたいな感じで圓楽さんを睨みつけていて、笑いながらその場を離れようとする圓楽さん。そして「山田くん、楽さんの(座布団)全部持っていて!」が1番好きです。

「頼りになる人がいなくなった」「お父さんのような存在だった」と歌丸さんが亡くなられた後にコメントした圓楽さん。あれだけイジれたのも歌丸さんが優しかったから、尊敬していたからだったのだと思います。
もうあの掛け合いが聞けなくなって本当に残念です。歌丸さんの存在は大きかった…。

落語家歌丸さん、天国でも落語や司会で笑いを届けてください。本当にお疲れさまでした、たくさん笑わせてもらってありがとうございました。