fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

火山灰で夏場でも窓が開けられない!鹿児島の桜島事情!

桜島の火山灰で街の中が砂まみれ!窓も開けられず、熱中症にも注意!

ここ鹿児島県は桜島が有名ですが、噴火して街の中が火山灰で真っ白になり、洗濯物を外に干せない!灰が入ってくるので暑いのに窓を開けられない!という本当に困った状態になります。

家の中では窓を開けられなく、暑い…

最近の桜島の噴火は活発で、今でも降灰が続いています。

もうすぐ夏、窓が開けられない

これは人それぞれだと思いますが、家の中では火山灰の影響で窓を開けるとすぐに灰で部屋の中がザラザラ状態となります。
なので、窓が開けられずクーラーや扇風機を使うことが多いのです。使いすぎで電気代が凄くなることも!!

熱中症に注意!

家の中に火山灰が入るのが嫌といって、窓を閉め切って熱中症になるのも注意です。ちょっとでもいいから換気もした方がいいと思います。
クーラーや扇風機のタイマーが切れて熱中症などにならないように十分注意してください。

車も灰まみれ状態に

駐車場に止まっている車の上には桜島の降灰が積もっています。これを見ると、
「うわ!」
となるほど。

ガソリンスタンドには洗車の列が

降灰を洗うと、ガソリンスタンドの洗車コーナーには行列ができるほどの車の数が並んでいることも多いのですが、火山灰がほぼ毎日降っているので、洗車をしても明日にはまた灰まみれになることもあるので困ったものです。

道路降灰除去車が街中に

鹿児島の街の中では、道路降灰除去車という黄色いダンプカーみたいな車が走っているのをよく目にします。
特にマンホールなどに詰まっている降灰で滑りやすくなっており、自転車はバイクの方は運転に注意が必要ですし、除去車で道路を綺麗にするのです。

鹿児島の天気予報の桜島予報が珍しいとの声も

鹿児島の天気予報には、降灰予報と風向き予報というのがありまして、他県の方からはこの予報が、
・「珍しい」
・「見たことない」
との声もあるのです。

鹿児島では風向き予報が大事

風向きで明日はどの方角に灰が流れていくのかをチェックするのが当たり前かもしれません。
明日は逆に吹くから、明日は外に洗濯物が干せるなど、色々と対策ができるのです。

外に出るときは帽子、マスク、傘は必須

灰を防ぐために、マスクを着用したり、帽子をかぶったり、傘をさすなど、火山灰予防の道具は必須アイテムの鹿児島県。
僕はバイクで出かけることもあるため、ゴーグルが付いてあるヘルメットを着用します。じゃないと、走行中に灰が目に入り痛いし、事故を起こすかもしれません。

このように桜島の火山灰に悩まされる鹿児島県。他県の方は記念に火山灰を持って帰る方もいらっしゃるそうです。

NHKでは火山灰予報が頻繁にデータ放送で表示されるのが何かうざったい感じもしますが、自然のチカラにはかないませんね。