fbpx
2018.9.10:フリーペーパーVol.30発刊!

普通のタバコの約4分の1の価格で吸える、電子タバコ「プルームテック」の紹介

「タバコが高価」・「購入するのが面倒」・「火の管理や灰の処分が面倒」・「病気になりたくない」など思ったことはありませんか?

タバコは多額の費用がかかり、様々な箇所を焦がしたり、火事にならないよう気を使わないといけません。体にかなり悪い「タール」の吸引で健康を気にしてしまいます。

そこで今回、普通のタバコの約4分の1の価格で吸える、電子タバコ「プルームテック」関連の紹介をしたいと思います。

プルームテックの概要

プルームテックは、「日本たばこ産業(JT)」が販売している電子タバコです。

普通のタバコや電子タバコ「アイコス」はタバコの葉を熱して煙を出すのに対し、プルームテックは無味無害の液を入れた「カードリッジ」で蒸気を作り、その蒸気を粉状のタバコの葉の入った「カプセル」に通過させて吸うという仕組みです。

カプセルが入った箱には5つのカプセルと1本のカードリッジが入っており、1箱あたりの価格は普通のタバコとほとんど同じです。カプセル1個あたり普通のタバコ5本分の、50回分吸える量となっています。

プルームテックの外観は普通のタバコより数ミリと違わないほど細長く、1回の充電で1箱(5カプセル)使用となるので、充電器を持ち運ぶ必要はありません。

プルームテックのメリット

プルームテックはタール0のニコチンのみの喫煙となるので、吐き出す煙やカプセルには匂いはありません。タバコから出る有害物質は普通のタバコに対し99%カットされており、健康をあまり気にせずに吸うことができます。

普通のタバコやアイコスは1回使用したタバコの継続利用は難しいですが、プルームテックは味がある限り何回でも継続して使用することができます。

プルームテック本体の購入

バッテリーが内蔵されたプルームテック本体の正規品は高価なので、互換品を購入します。互換品は正規品よりも3〜4分の1ほどの価格で購入でき、より便利な機能が備わっていたりします。

アトマイザー・リキッドの購入

カードリッジ内の液が無くなると、カプセルが余っていても吸えなくなります。解決策として、自分で液を補充できる「アトマイザー」を購入します。液は、無味無害のジェル状の液「リキッド」を使用します。

ニコチン原液の購入

カプセルの代用として、「ニコチン原液」を使用します。購入したリキッドにニコチン原液を混ぜてアトマイザーに入れるだけで、ニコチンを吸うことができます。リキッドとニコチン原液の配分次第で、自分好みのニコチンの濃さでの利用ができます。

味付け

上記での吸引では味がありません。味付けは、「味付きのリキッド」をリキッドとニコチン原液と一緒に混ぜることで、吸引をより楽しむことができます。味付きリキッドの種類は豊富で、果物系やスイーツ系など数十ものバリエーションを楽しむことができます。

各費用

プルームテック互換品の本体とアトマイザーの価格はそれぞれ千数百円ほどかかりますが、1回のみの購入となりますので、故障しない限り継続して利用することができます。

リキッドは250mlで千円程度、ニコチン原液は30ml〜120mlで約2千円で購入できます。2つの商品は費用は計3千円ほどかかりますが、これくらいの量なら吸う回数が多くても1回の購入で約3カ月以上持ちます。味付きリキッドは1瓶で千円で購入できます。

デメリット

アトマイザー内に液が入っていない状態で吸うとアトマイザー内部が焦げてしまい、破損となります。

日本国内でのニコチン原液の製造は禁止となっているので海外での購入となり、輸送も1週間ほどかかってしまいます。海外からの輸入量も1ヶ月あたり120ml以内と、日本の法律で定められております。

すべて、ネットでの購入となるので、日時・輸送料・支払い手数料がかかります。

まとめ

タバコ税が上昇していく現在、僅かな小遣いでのタバコ購入が難しいのが現状となっています。その中で、1本のタバコを何回かに分けて使用したり、安いタバコを購入したりなど、有害性をさらに悪化させてしまう対策法を取る方は少なくはありません。

私は、タバコ問題の対策をいろいろ考えた所、今回の方法に至りました。「禁煙」という手段もありますが、禁断症状によって周囲に迷惑がかかる可能性があるので、除外しました。

プルームテックの電子タバコは今後、コンビニエンスストアーなど各販売店で発売されるようになります。有害物質が殆ど皆無なプルームテックがいろんな地域に広く普及することを私は祈ります。

via:Japan Tobacco Inc.