fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

心地よい感覚刺激を自分のペースで楽しむ「スヌーズレン」

「スヌーズレン」 という言葉を聞いたことがありますか?

わたしも最近、たまたま目にした言葉で、今まで見たことも聞いたこともありませんでした。

スヌーズレンとは?

Snuffelen (スヌッフレン)+  Doezelen(ドゥーズレン) → Snoezelen(スヌーズレン)

1970年半ば、オランダのエデという町にある重度知的障害者を対象とした施設「ハンテンベルグセンター」で、教育的刺激を与える環境設定方法として始まった Snoezelen(スヌーズレン)

Snuffelen(くんくんとあたりを探索する様子)Doezelen(うとうとと気持ちのいい様子)、この2つの言葉からできた造語です。

優しい光や癒やしの音楽、好きな香り、触って気持ち良いものなど、心地よい感覚刺激を自分のペースで楽しみながらリラックスする活動のことをいいます。

心地よさを感じるポイントって?

人それぞれ、心地よさを感じるポイントって違うと思います。

海風、夕陽、柔らかい砂、潮の香り。

わたしの場合、心地よさを感じるため、癒やしを求めるために行く場所は海岸。
特に夕暮れ時の誰もいない海は、わたしにとって、心地よさを感じるポイント満載の空間です。

自分なりのリラックス空間を

新しい環境で働いているひと、学んでいるひとが今、多いと思います。
ストレスも疲れも、今までにも増して多くなる季節です。

こんな時期だからこそ、自分なりのリラックス方法、癒やしの時間が必要ですよね。

心地よい感覚刺激を得られる空間…「自分なりのスヌーズレン風ルーム」作ってみるのもいいかもしれませんね。