皆さん、健康診断を受けたことが必ずありますよね?
学生時代でも、大人になっても……。
そんな中で、確実に身長・体重は絶対に計られます。そして、その時に私は、
「何、身長に対してこの体重?」「もっと食べなよ!」と言われるのです。

私は痩せすぎなんだ

今の私は、身長156センチで体重36キロ。家系が痩せ家系なので、痩せやすい部分はありますが、自分でもこれは……と思っています。しかし体質的に顔にお肉がつきやすいので、顔を見ただけでは「痩せてる!」とはあまり言われません。ですが、鎖骨のあたりやウエスト、腕や脚を見ると、私は痩せているのだと感じます。
その原因としては、もちろん食の細さ。そしてスナックやお菓子類(ケーキは食べると、美味しい! と感じますが)ジュース類にあまり興味がない。胃腸の弱さがあげられると思います。
けれども、中学生の頃は私も、45キロありました。
元々体格が良いほうではなかったですが、それが高校時代に激痩せし、38キロ辺りをフラフラとするようになったのです。
高校1年の夏。精神的にも体調的にも低迷し、2ヶ月ほどで45キロから38キロに。
これは鬱の症状としてよく言われますが、お腹がすかない。お腹がすいたとしても、喉に蓋があるような感覚がして食べられない。その時の私は本当に、全く食事を取りませんでした。

タンパク質がほとんどなく、採血をしようとしても、針は刺さりますが血が一滴も採取出来ないほど。さらに体重が落ちた今では、どうなってしまうのだろうかと不安です。

今でもそうですが、ストレスを強く感じるようになると食事を拒否してしまうように思います。そして不思議なことと言えば、そういう時に鏡を見ると、実際は痩せているのに顔が痩せているようには見えない。酷い時には太って見えてしまいます。
以前、それらがエスカレートして、34キロまで痩せてしまった経験があり、時々自分が怖くなります。

原因不明に対する抵抗

今、私は36キロで、少量の食事でもえづいてしまったり、強い吐き気を感じてしまうことが多いです。調子が悪いときには、ご飯を見ただけでも満足……となってしまうことも。
せめて栄養だけは! と思い、頑張ってはいますが、ダイエットをしている訳でもないのに白ご飯やパンを食べることが苦しく、糖質不足にもなっているだろうと感じます。
また、今は、発達障害を持つ人は痩せ型であることが多いと聞くことがあります。しかし、それについては私自身も謎です。味覚の敏感さや強いこだわりのため。とも言われているようですが(実際私も多少なりとも味覚過敏と判断出来るポイントがあり、こだわりも強いです)私としては今のところ、濁して考えておこうと思っています。

優しさのつもりで無理強いしないで

それでも、もちろん低体重は健康に悪影響を与えます。イライラするし、疲れやすく身体が重い。そして現在でも骨密度はかなり低く、将来的なことを考えても不安です。
胃腸の弱さについては、食道炎を改善するためのお薬、食欲増進そして精神安定のための漢方を飲んでいます。また、栄養を補おうと、その補助となるエンシュア・リキッド、アイソカル、たんぱくゼリー・セブン、メイバランスなど様々なものを使ってきましたが(メイバランスは現在でも飲んでいます)やはりきちんとした食事をするのが理想的です。

それでも「もっと食べなさい!」「そんな体重はおかしい」と言われてしまうと、当事者にとっては辛いことだと思います。そんなことがまたストレスになり、逆効果を生んでしまうこともあります。私は「これだけ食べれたね、頑張ったね」「今日はとても良かったね」と言われるだけでも、安心した気持ちになります。そういう言葉で、少しずつでも食べてみようと思える人もいるのではないでしょうか。