正社員やアルバイトなどの面接で必要なものといえば履歴書。最近の求人広告には、採用項目に「履歴書不要」と書かれている会社をたくさん見かけます。なぜ履歴書が要らないのかな?と思いました。

履歴書の一般的な書く項目

履歴書といっても、種類も色々あって、書く項目も違ったりしてきます。顔写真はもちろん、学歴や職歴、自分の趣味や特技、免許や資格、志望動機などが一般的な履歴書でしょうか?

「履歴書不要」と書かれてあって、大丈夫?と思う人も

最近よく目にする「履歴書不要」という会社。「何で要らないのかな?」とちょっと不安になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

履歴書不要と書いてある会社によって、独自の記入シートがあって、「その会社に必要な項目だけを書いてもらう」というスタイルが増えているのだそうです。

会社の専用シートに記入すれば、面接担当の方が相手に聞きたいことだけを質問できるので、話しやすいということもあるし、ファイリング管理もしやすい、面接が終わって履歴書を返却するという手間も省けるといったことが会社側のメリットかもしれません。なかには名前や住所、電話番号さえ分かればいい、という簡単な会社もあるようです。

そして「履歴書不要」と求人には書いてあっても、「履歴書を持ってきてください」ということも、まれにあるそうなので、電話で持っていくものを必ず担当者の方に聞いておくことが大事です。

面接時の挨拶や受け答え方、態度、服装などを優先で見られる可能性も

僕は履歴書不要の会社に応募したことがないので、はっきりとは言えませんが、履歴書不要ならば、応募者の話し方や面接中の態度や服装などといった、人柄を重点に見られるかもしれません。

質問しないと応募者のことが分からないですから、会社側がどんなことを質問してくるのか?も面接時の前に考えておいたほうがいいでしょう。

というか、面接に来ただけで簡単に採用してくれる会社があるとは思えません。「履歴書不要」で簡単に採用されるのかな?と思う人もいるかもしれないし、さっきも書いたように「履歴書不要で不安」と思う人と様々です。

面接時の担当者への受け答えや態度といったマナーに注意し、服装はスーツなどで無難に仕上げ、社会人としての自覚を持ち、頑張って面接に臨みましょう!