2018.5.10:フリーペーパーVol.26発刊!

私がオススメする、ハマってしまったスーパーファミコンソフトRPG編

今は寒い季節となっており、かなり寒い思いをしているのではないでしょうか。寒い時期は自宅でゲームをプレイする機会が増えると思います。

今回は、数か月前から話題となっている、スーパーファミコンミニやレトロフリークなどのレトロゲームにちなんで、私がおすすめなスーパーファミコンソフトをご紹介したいと思います。

イースIV MASK OF THE SUN

敵にぶつかって倒しながら物語を進めていく、アクションRPGです。敵にぶつける魔法や、装備品の購入、レベルアップなど主人公を強化しながらゲームを進めて行きます。冒険家の「アドル」が樹海にある古代文明に興味があり、文明の謎を追いかけていく冒険ストーリーです。

ドラゴンクエストシリーズ

みなさんおなじみの王道RPGです。リメイク版のⅠからⅥがあり、今でも通用する文句の無い面白さがあります。ストーリーやゲームバランスがかなりいいので、初めてRPGをプレイする方でも気軽にプレイできるのです。私の中では、ドラゴンクエストを越えるゲームは存在しないと思っています。

ファイナルファンタジーⅤ

今でも話題となっているシリーズ5作目のRPGです。戦闘時にコマンド入力中でも敵が襲ってくる「アクティブ」モードがあり、リアル的な戦い方ができます。5作目のみはヨーロッパ風を感じさせない、ドラゴンクエストに近い雰囲気が出ているので、私のお気に入りとなっています。

アレサ

ゲームボーイで高い評価を受けたRPGです。ストーリーがとても充実しており、次の行動がわかりやすくてプレイしやすいです。敵が横や後ろからも現れる独特な戦闘方法が、リアルさを感じさせます。

ファイアーエムブレムシリーズ

敵と味方を交互に動かして戦うシミュレーションRPG。王国が舞台のヨーロッパ風なシナリオや、キャラクターの約3分の1が美形など、良い点が盛り沢山。私もこのシリーズをプレイして癒やされています。

MOTHER2 ギーグの逆襲

子供たちが世界を救う冒険RPG。舞台がアメリカ風で、独特な戦闘方法が魅力的です。シナリオライターの「糸井重里」が書いた、キャラクター達の独特な発言が面白さを感じさせます。

ファーランドストーリー

上記で紹介したファイアーエムブレムとは、一味違うシミュレーションRPG。敵と味方を交互に操作して戦っていく、どこにもあるRPGだと思いますが、戦闘画面がアニメーションっぽくなっています。キャラクターのほとんどが美形で、女性受けが多い作品です。

天地創造

アクション要素満載のRPG。ストーリーの濃厚感やBGMがかなり良い、名作中の名作です。物語が進むに連れ、世界が発展していくのも醍醐味と言えます。

スターオーシャン

アクション要素が少しあるRPG。戦闘はコマンド制ですが、移動することができる独特さがあるゲームです。様々な素材や料理を作れるなど、沢山のアイテムの種類があったり、アイテムに説明が付いていたりと、いろいろな要素が盛り沢山詰まっています。グラフィックが綺麗。

テイルズ オブ ファンタジア

数多くのシリーズを出しているアクションRPG。戦闘はアクションに似た形となっており、攻撃や必殺技・魔法などで敵を倒していきます。ストーリーが充実していて、グラフィックも綺麗です。

ミスティック・アーク

探索要素のある独特なRPG。人形にされたキャラクターたちを助けるために、ある館からいくつもの違う世界へ探索を始めるストーリーです。館で流れるBGMや、グラフィックが独特な所がミソだったりします。

スーパーファミコンミニやレトロフリーク、バーチャルコンソールなど、スーパーファミコンは今でも通用できる素敵な作品ばかりです。今の王道のゲームだけではなく、レトロゲームにも視野に入れてみてはどうでしょうか。

 

via:レトロゲームFAN